英ロンドンの米国大使館前で行われたトランプ大統領への抗議デモに参加したアムネスティの活動家たち(2017年4月27日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英ロンドン(London)の米国大使館前で26日、今週末に就任100日目を迎えるドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の「人権侵害」に抗議するデモが行われ、自由の女神に扮(ふん)した100人が参加した。

 参加者らは「難民を歓迎する」「壁は要らない」といったプラカードを持ち、自由の女神のたいまつを掲げながら30分間、無言で立ち続けた。

 デモを主催した国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)の英国担当ディレクター、ケイト・アレン(Kate Allen)氏は、「トランプ大統領はわずか100日の間に、すでに完璧ではなかった米国の人権擁護に対する評判に甚大な損害をもたらした」と語った。

 アムネスティは、トランプ政権によるイスラム圏諸国からの入国禁止令やメキシコとの国境に壁を建設する計画などを批判してきた。
【翻訳編集】AFPBB News