27日、中国国防部の楊宇軍報道官は定例記者会見で、海軍創設68周年記念ポスターのデザインミスについて謝罪した。写真は問題となったポスター。

写真拡大

2017年4月27日、環球時報によると、中国国防部の楊宇軍(ヤン・ユージュン)報道官はこの日の定例記者会見で、海軍創設68周年記念ポスターのデザインミスについて謝罪した。

問題のポスターは今月23日の海軍創設記念日に合わせて国防部が発表したもので、中国の空母とともに米国の軍艦、ロシアの戦闘機があしらわれていた。これを見たネットユーザーからは批判が続出。楊報道官はこの問題について、「真摯(しんし)な謝罪」とネットユーザーらの関心に対する「心からの感謝」を表明した。記事によると、国防部が公の場で謝罪したのは初めてという。(翻訳・編集/野谷)