プチ鹿島さん

写真拡大

“時事芸人”のプチ鹿島さんが、新刊『芸人式新聞の読み方』を出しました。朝日、読売、毎日、日経、産経、東京の6紙のほか、スポーツ紙5紙、夕刊紙3紙を購読し、時事ネタの痛快さには定評があります。ときに「マスゴミ」とも揶揄される新聞を、どう使えばいいのか。最終回の第3回は「フェイクニュース」について。オカルトとデマと上手に付き合う方法とは。第1回(http://president.jp/articles/-/21856)、第2回(http://president.jp/articles/-/21922)とあわせてご覧ください。(聞き手・構成=須藤 輝)

■「声の大きい人」は多数派ではない

――鹿島さんは時事ネタを扱っていますが、ネットで「炎上」したようなことはありませんか?

確かないはずです(笑)。僕はネット、特にTwitterでは、とぼけたことだけ言っていればいいかなって思うんです。やっぱり強い言葉同士がぶつかり合っちゃうと、収集つかなくなるじゃないですか。以前、憲法学者の木村草太さんが朝日新聞のコラムで、「ある発言に対して『それはヘイトだ!』と感情むき出しで批判すると、それ自体がヘイトになる可能性がある」といった意味のことを書いていて、とても納得しました。要は、強い言葉を使う人に対して同じ強さの言葉で迎撃しても、何もいいことはないんですよね。

たとえば今年2月末、安倍首相が東京・赤坂の中華料理店「赤坂飯店」で内閣記者クラブのキャップたちと会食したことが話題になりました。これに対して「首相が森友学園報道に圧力をかけた!」と怒る人たちがいたのですが、本当に圧力があったのかどうかはわからない。そこで先走って「恫喝だ!」「圧力だ!」って騒ぎたてると、せっかく森友学園の問題に興味を持ちつつあった人たちが引いちゃうと思うんですよ。

――安倍政権を支持する人たちと支持しない人たちの争いになって、そのどちらでもない人たちが置き去りになってしまう、と。

そうです。ラジオで韓国情勢に詳しいジャーナリストに話を聞いたとき、その方は「強い言葉が飛び交っているときこそ、気弱で小さな声に耳を傾けるべきじゃないか」とおっしゃっていたんですね。声の大きい人はどうしても目立ちますが、それは多数派ではないんですよね。

それを最初に感じたのが、石原慎太郎さんの4選目がかかった2011年の都知事選です。あのとき、「石原さんは相当苦戦するんじゃないか」と思っていたんです。自分のTwitterのタイムラインを見ている限り、そういう意見の人が多かった。ところが、蓋を開けてみれば石原さんの圧勝でした。目に見えるネット上の意見を「世論」だと思うのは危険です。実は声を上げない人のほうが圧倒的に多いんですよね。

――ただ、そこに納得できない人もいるようです。特に第二次安倍内閣発足以降は、国政選挙がある度に一部のリベラルの人が荒れているのをTwitterでよく目にします。

もう、自公の連戦連勝ですから、安倍政権を支持しない人たちからすれば、選挙結果は不満です。なかには「不正選挙だ!」という陰謀論を持ち出してしまう人もいた。僕は陰謀論も大好きなんですけど、やっぱり陰謀論というのはニヤニヤしながら楽しむものだと思っているんですよね。この本にも書きましたけど、同じ「疑う」でも、「怒りながら疑う」のと、「楽しみながら疑う」のでは、疑いの質がぜんぜん違うわけですよ。僕はプロレスや「水曜スペシャル」の「川口浩探検隊シリーズ」を通じて、楽しみながら疑うことに親しんでいたので、もっと半信半疑を楽しめばよいのではないか? と思うんですよね。

たとえば今回の森友学園の問題は、国有地売却と思想教育という2つの問題がありますよね。そこで安倍政権を支持しない人たちは、思想のほうにこだわるから、より重大な土地の問題が埋もれてしまう可能性もある。

――理詰めで攻めたほうが効くはずなのに、どうしても感情論になってしまう。

もちろん怒ることも必要なんですよ。でも、感情をむき出しにしたり、先走りすぎたりすると、むしろ問題を矮小化してしまう。僕が赤坂飯店の件で興味深く読んだのは、ロケットニュースの「安倍首相がマスコミ幹部と会食を行った『赤坂飯店』に行ってみた/高級中華が1000円で食べられるランチが高コスパ」という記事(http://rocketnews24.com/2017/02/28/868315/)なんですよ。安倍政権を批判したいのであれば、感情的に糾弾するより、こうした記事のほうが有効なパンチになると思うんですよね。

――どちらの立場の人にとっても興味深い切り口ですよね。

「安倍首相はマスコミと飯を食っている」っていう事実は確実に頭に入りますからね。しかも、それを笑いに昇華させている。僕はそっちのほうが好きだし、僕のやっていることもそれに近いと思います。

■「ノストラダムスの大予言」の功罪

――さきほど鹿島さんは、プロレスや「川口浩探検隊」のような、虚実入り乱れたテレビ番組を通じて「楽しみながら疑う」ことに親しんだとおっしゃいました。そのようなスタンスって、「フェイクニュース」や「ポスト真実」などといわれる虚偽情報が飛び交う昨今、重要ですよね。

そうかもしれませんね。そうしたテレビ番組と同様に、僕はゴシップ紙やタブロイド紙も大好きなんですけど、そこに書いてあることを丸呑みはせずに、いったん自分の中で寝かしておくみたいな付き合い方をずっとしてきたんですね。だから、僕のようなゴシップ好きで下世話な人間であればあるほど、そういう用心深さを備えていると思うんです。逆にいえば、下世話でないマジメな人ほどフェイクニュースに惑わされやすいような気がします。

――マジメな人は、ゴシップへの免疫がない。

あるいは、ムダな時間を過ごしてこなかったからじゃないかなって。

――ムダな時間……。それこそテレビで「川口浩探検隊」を見る時間のような。

そうそう。だって「川口浩探検隊」は、ジャングルの奥地に猿人や巨大生物といったUMA(未確認動物)を探しに行くのを、ドキュメンタリーという体で放送してましたからね。要は、僕らは「娯楽」をずっと見続けていたわけで、まさに大いなるムダですよ。でも、大いなるムダはムダじゃないんです。僕はあの番組でリテラシーを学んだようなものですから。それにしても、あれが許されていた時代というのは、寛容でしたね。

――やらせを楽しむ余裕が世間にあった。

今だったらあんなオカルトじみた話なんて見向きもされないし、当時ですら、嘉門達夫さんが番組をネタにして「川口浩が洞くつに入る カメラマンと照明さんの後に入る」と歌っているのをみんなで笑っていましたから。でも、85年にテレビ朝日のワイドショー番組「アフタヌーンショー」が起こした「やらせリンチ事件」が社会問題化し、やらせに対する世間の目が厳しくなって「水曜スペシャル」も終わってしまった。それでも、90年代中盤までは「川口浩探検隊」的な番組もまだ結構残っていたんですよ。

――そういえば、その手の番組はいつからかまったく見られなくなりました。

以前、当時の番組制作者の方にお話をうかがったことがあるんですけど、「ノストラダムスの大予言」が外れて以降、そういう番組の需要が一切なくなったというんです。言われてみれば、僕が子供のころは、クラスの学級文庫に五島勉さんの『ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日』が普通に置いてあったんです。いわば日常の中にオカルト的なものがあったんですけど、「1999年7の月」が何事もなく過ぎてしまって、もうそれらはムダなもの、不必要なものとして切り捨てられてしまった。

――オカルトが死んでしまった結果、真偽不明のものをニヤニヤ眺める機会も失われてしまったと。

かつては世の中にある種のいかがわしさを許容する空気が漂っていたのが、00年代以降みんな合理的になって、正しい情報しか求めなくなった――。番組制作者の方はそうおっしゃっていましたね。でも、そうやって「正しい情報」を最短距離で探そうとする人ほど、フェイクニュースに飛びついてしまいがちなんじゃないかと心配になります。

――「最短距離」という点に、余裕のなさが見てとれます。そういう場合、結論しか見ないから、そこに至るプロセスがまるっと抜けていることもあり得ますね。

そうなんですよね。だからプロセスって、ほんと大事だと思いますよ。僕が見ていたプロレスなんて、プロセスそのままですし、そのプロセスは真実ですから。そういう一見ムダに見えることや、ある結論に至るプロセスに目を向け、それを笑って楽しむ余裕は、今のような不寛容な時代にこそ重要になっている気がしますね。

----------

プチ鹿島
1970年長野県生まれ。大阪芸術大学放送学科を卒業後、大川興業に所属 。お笑いコンビ「俺のバカ」での活動を経て、フリーとなる。2012年からオフィス北野所属。スポーツからカルチャー、政治まで幅広いジャンルの時事ネタを得意とする「時事芸人」としてラジオ、雑誌を中心に活躍している。著書に『教養としてのプロレス』、『東京ポッド許可局』(共著) がある。

----------

(聞き手・構成=須藤 輝 撮影=プレジデントオンライン編集部)