(左より)中村一浩氏、安倍昭恵氏、前野隆司教授(撮影=Shinji Steve Umeda/Office Solutions)。

写真拡大

国連が定めた国際幸福デーである3月20日。慶応義塾大学三田キャンパスにて「第1回shiawase2.0シンポジウム〜シアワセな世界を創ろう〜」が開催された。

「幸福学」の第一人者である慶應義塾大学大学院SDM研究科委員長の前野隆司教授が中心となり、各界で活躍する有志ボランティアたちが実行委員を結成し、準備運営されたこのイベント。「shiawase2.0」には、自身の幸せ(=shiawase1.0)だけでなく、世界の幸せ、ひいては次世代の地球や人類の幸せについて考えるといった想いが込められている。

SNSを中心とした告知のみにも関わらず、当日は1000名以上もの人が来場(申し込み総数1500名)。どの会場もしばし幸福な空気感に包まれた。なぜ今「幸せ」をテーマとしたシンポジウムが多く人の共感を呼んだのだろうか。

■「幸福とは何か?」を多角的に考える

本シンポジウムのメインコンテンツとなる「ハッピー対話マラソン」は、前野教授と「対話(ダイアローグ)」の専門家である中村一浩氏がホストとなり、ポジティブ心理学、マインドフルネス、コーチングなど、さまざまな切り口から幸福に対してアプローチするプロフェッショナルたちをゲストに迎え、対話し続けるという企画。その時間は実に10時間近くというかつてない挑戦だ。

ポイントは、「対談」ではなく、あくまでも「対話」という点。前述の中村氏によると対話とはその対象と心を通い合わせること。そして、その対象とは他者であり、自身の心であり、場という環境でもある。対話するときには気持ちを整え、耳を澄ませ、相手の言葉に聞き入るようなイメージを持つことが重要であり、後述のマインドフルネスの活動の一つであるマインドフルリスニングとも関係しているそうだ。

対話マラソンのトップバッターは、安倍昭恵首相夫人。テーマは「日本のこれから」という壮大なものだったが、安倍氏の多岐に渡る活動の意図や、夫である安倍首相の日常生活の1コマを話題にするなど、終始和やかな対話が続いた。なかでも印象的なのは「昭恵氏にとっての幸せとは?」という質問に対する答えだ。

「人には皆、神さまから与えられている使命があり、それぞれが自分にしかできないことをすればよいのです。私の使命はいろいろな人に会い、つないでいくことだと思っています。(中略)幸せとは、自分が幸せだと思えば幸せで、実際に今、こうしていられることも幸せです。常に平和は自分のなかにあり、まずは自分自身が平和にならなければなりません。どんな人であってもその人の“ひかり”の部分が少しずつ広がっていけばよいなと思います」(安倍昭恵氏)

■幸せでいるための秘訣とは?

安倍氏に続いて、政治学者でありながら、日本ポジティブサイコロジー医学会理事でもある小林正弥氏、早稲田大学教授であり、日本にいち早くマインドフルネスを紹介した越川房子氏、東大病院医師、稲葉俊郎氏が登壇した。

ビデオでの登場となった脳科学者、茂木健一郎氏によると、幸せな状態であり続けるための秘訣は「とらわれないこと」。「何らかの価値観や基準で人を判断していると、逆に自分も判断されてしまう。その枠から外れることが大切」とした。

2人並んで登場したのは、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス 取締役 人事総務本部長 島田由香氏と、ホッピービバレッジ 代表取締役 石渡美奈氏。ともに女性リーダーとして多くの社員を束ねる両氏が、どういったマインドで日々の業務と向き合っているのか。島田氏はこう言う。

「何よりも対話が大切だということを伝えています。そのときに、これは自分への自戒も込めてなのですが、聞くチカラをいかに伸ばしていくかというところが大切です。加えて言うならば、実際に見えているものの後ろにどのようなニーズがあるのかということを意識しながら、この人にとってどういうことがハッピーなのか?ということを思いながら、相手の話を聞くようにしています」(島田由香氏)

一方、企業のトップである石渡氏は「新卒採用をはじめて11年目になりますが、新入社員を受け入れるにあたって一番大切なことは、彼ら彼女らにとって絶対的に安心安全な場をつくること。そして社員から、社長はある意味で自分の親のように、絶対的に安心な存在であると思われていることが大切だと思っています」と述べた。

■ビジネス界で幸せを考える

瞑想によって自己の内面を観察し、現在に集中する心のエクササイズとして、数年前から、ビジネス界でも注目が高まっているマイドフルネス。ビジネス界でのマインドフルネス普及活動に尽力しているのが一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティチュート代表の荻野淳也氏だ。マインドフルネスを実践しながらメディア・プロデューサーとして活躍する清水・ハン・栄治氏とともに登壇し、その有効性について言及した。

「“マインドフルネス”ばかりが良くて、その真逆の“モンキーマインド”と呼ばれる、心があっち行ったりこっち行ったりしている状態が相対的にダメなものだよねと思われがちですが、そういう状態を否定するのではなく、様々なビジネス局面に応じて双方を使い分けられるようにするのが大切だと思うんです」(清水・ハン・栄治氏)

「グーグルの『プロジェクトアリストテレス』という成果を残し続けるプロジェクトについての研究があります。そういったチームの共通点で最も重要なのはサイコロジカルセイフティ、つまり、心理的な安心安全の場です。ひとりひとりがマインドフルに“いま、ここに”いて、自分の在り方に気づき、オープンな態度でいる。そういう人が集まっているチームには、厚い信頼と高いモチベーション、強いきずなが生まれ、チームとしての成果につながるのです」(荻野淳也氏)

その後もコーチングや地域活性、コークリエイション、イノベーションといったプロフェッショナルたちが相次いで登壇した。

■幸福学の第一人者が語る「これからの幸せのあり方」

大盛況のうちに幕を閉じたシンポジウム終了後、主催者である前野隆司教授に、シンポジウムを終えた今、何を感じているか、さらには今後の展開について話を聞いた。

「1500名もの申し込みがあったイベントの会場すべてが満席で、参加者の皆さんもイキイキとした笑顔で見てくださっていたので、幸せについて考えるというコンセプトがしっかり伝わっていたなという実感があり、ものすごく幸せを感じています。

対話マラソンに関しては、私自身こんなにも長時間話し続けたのは初めてで、正直少し疲れましたが、今日登壇してくれた人たちは、皆さん世界中を幸せにしたいと考え、その方法について、深く理解している人ばかりです。ですからこれをすべて聞くことができるというのは本当に素晴らしいことでした。

初めて大規模なシンポジウムを開催し、こんなにもたくさん幸せについて考えている仲間がいるということがわかり、“幸せ2.0”が始動した手応えは感じています。今後は仲間の輪を広げ、さらに大きなムーブメントにしていけたらと思っています」

必ずしも幸福度が高いとは言えない現代の日本において、職場や家庭などを含めてどう社会に“幸せ”をどう伝えてば良いのだろうか。

「今日の対話のなかでも、“好奇心と思いやり”や“愛”などたくさんのキーワードが出ていましたが、それらを本当にひとりひとりが意識することで、世の中は変わると思うんです。人の想いは思った以上に伝わります。

以前の私は、研究により明らかにした“幸せの4因子”を伝えたいという想いで活動していました。ところがある時から、みんなに幸せになってもらいたいから幸せな世界を創りたい、という想いに変わったんです。するとその瞬間から、私の提唱する幸福学が一気に広がりをみせました。ちょっとした想いの違いなんですが、自分の研究成果を広めたいというちょっとしたエゴを持って人に伝えるのと、『世の中を幸せにしたいから私の研究成果を使ってください』と心から思うのとでは伝わり方が全く違うということを実感しました」

 

■職場に幸せを持ち込む方法

前野教授によると、「幸せ」について少し意識を変えるだけで人間関係が円滑になったり、ひいては仕事の効率があがったりするそうだ。

「会社の同僚や仲間にハグする気持ちを持つ。もちろん実際にしなくてもいいんですが(笑)、愛情や信頼感、尊敬みたいなものが1%増えるだけで、仕事の効率が5%アップし、結果が20%くらい良くなる。雪だるま的に増えていくイメージです。

自分の想いを込めること、そして恥ずかしがらずにその気持ちを伝えることが大切です。お金は交換ですが、愛情や幸せは与えると増えていきます。ですからビジネスの現場でも、『合理的じゃない!』など言わずに、幸せを増やした方がよいのです。そうすると自然と仕事の効率もあがりますからね」

「世界中の人々は幸せになるべきだし、なる方法もかなりわかってきました。あとは力を合わせてそれを広めていくだけ」と力説する前野教授。心から世界の幸せを願うその想いに、多くの人が共感し、ともに活動を続けている。日本発の幸せのムーブメントは、個々人のみならず企業や日本という国家、ひいては世界中へと広がってゆくのだろうと強く確信するとともに、この記事を通してその想いがわずかでも伝わればと、祈らずにはいられない。

----------

前野隆司(まえの・たかし)
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 研究科委員長・教授。博士(工学)。1962年生まれ。86年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、キヤノン入社。カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、ハーバード大学客員教授を経て、2006年慶應義塾大学工学部教授に。08年同大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授、11年よりSDM研究科委員長。

----------

(文=富岡麻美 撮影=Shinji Steve Umeda、岡村隆広)