“職場への迷惑”を考えてたら、妊娠リミットが来ちゃう!【目指せ!デキたら婚】

写真拡大

 デキたら婚を狙って独身だけど妊活をしている雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

「子どもは授かりもの」とはいいますが、子どもが欲しいと思ったら現実問題として取り組むのが妊活です。悩みなくすんなり自然に子どもを授かればよいのですが、女性の人生は仕事や周りから受ける焦りなど、取り巻く状況はさまざまです。

 妊活したいけど本当に今でいいのかな……と悩みだしたら止まらない。今回妊活を自分ごととして考える、3人の適齢期女子が本音トークを繰り広げます。

=============

<登場人物紹介>
おおしま:31歳の恋愛ジャーナリスト。バツイチ独身。結婚に夢も希望も憧れもなく、でも子どもが欲しいから現在彼氏に直談判し「デキたら婚」(子どもがデキたら結婚するの意味)を提案中。もっか妊活に向けて行動を開始。

まい:35歳の編集者。新婚2年目の新妻。妊活はずっと意識しつつも、仕事も忙しいため後回しにしていたが、今年から妊活にトライ予定。

かな:35歳の看護師。結婚10年目の子ナシ妻。子どもが凄く欲しいわけでも、欲しくないわけでもなく、妊活はゆるゆるタイミング法のみ実行中。

=============

◆新婚&ピル卒業はチャンスタイム!?

おおしま:今回は妊活について真正面からお話していければと思いますが、まずは二人の妊活状況から教えてください。

かな:私は結婚10年目ですが、子どもを今すぐ絶対って感じでもないので、ゆるく妊活している状態です。

おおしま:ゆるくというと、どういう事をするんですか?

かな:いつも「今月の排卵はこの辺です、だからこの日にお願いします」ってやり取りがある感じかな。

まい:率直に言って、ロマンがないね。

かな:10年目だもん! これが現実よ。

まい:そ、そっか。私は新婚2年目で、最近やっと妊活しようって気持ちに切り替わってきました。実は20代の頃に子宮系の病気にかかり、それ以降体調を考えて排卵を止めるため、ピルでの治療を継続してたんです。でも今月末で止めて、卵管造影検査を受け、妊活にトライする予定です。

かな:年齢的にも高齢出産に差し掛かってくるしね。あと卵管造影検査のあとは、妊娠しやすいからチャンスですよ! 新婚だしなおのことチャンスタイム!

まい:そ、そっか。卵管造影検査って痛いらしいので、ちょっとドキドキしていますが、このタイミングで授かったら嬉しいですね。

かな:新生活にハリがあるうちに子作りはした方がいいと思う! 新婚生活が落ち着き始めると、誘うタイミングを逃したりするし。

◆子どもを持つベストタイミングを教えてよ

おおしま:新婚は確かにいいタイミングですよね。まいさんは仕事と妊活、気持ち的な部分はもう切り替わっているのでしょうか?

まい:実はまだ、完全に気持ちが妊活に向いたわけじゃないんです。正直仕事も大事なんですが、妊活にベストタイミングはないから迷いながら進もうって最近思い始めたんです。

 世間では芸能人の突然のデキ婚に厳しいけど、考えてみたら周りの承諾を完璧に得て、キャリアが落ち着くまで妊娠を待つのは無理ですよね。そういう意味では無計画だって批判されても、仕事や周りの評価とかを捨てないと、今の時代子どもは持てないと思うようになりました。

 あと最近、仕事一辺倒で進む諸先輩方を見て、ちょっと自分はあのイメージではないって思う瞬間も増えてきたからですね。

かな:40歳近くなるとプレイヤーか管理職か、キャリアも立ち止まる感じもあるしね。

おおしま:それでいうと私は、「子どもが欲しい」って気持ちはありますが、恥ずかしくも、生んだ後は「どう仕事に復帰して、子育てするか」っていう、キャリアをいかに止まらせないかしか考えられてないんです。こんな事いうと、子はアクセサリーかって怒られそうですが、「私は絶対いい母親になってみせる!」って気持ちが100%ないと、子は望んではいけないのかなって悩みます。