息の合ったプレーが好発進の秘密だ(撮影:GettyImages)

写真拡大

<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 初日◇27日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>
 米国男子ツアーで36年ぶりにダブルス競技で開催されている「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」。1つのボールを交互に打つフォアサム方式など、独特な形で競技が進行する今大会では、通常の個人競技と違った戦略が求められる。
オーガスタで見せた!絢香夫人、長男の悠人くんとの3ショット
 その意味で、個人戦と大きく違うのはチームメイト同士で“相談”ができることだ。通常、プレーヤーはキャディとのみコース戦略などを相談できるが、今大会に限っては同じフィールドでプレーする競技者(※チームメイトに限る)に番手やグリーンのラインを聞くことができる。これは大きなメリットのように感じられるが、松山英樹谷原秀人の話を聞くと、決してそうとは言い切れない面もあるらしい。
 「飛距離も違えば、番手も違うし、同じコースでプレーしているとはいえ参考にならない面も出てくる」と話すのは松山だ。昨年、石川遼と共に同じダブルス競技の「ワールドカップ」に出場したが、その時に「遼がプレーするときにあれこれ口出ししすぎたなって思ったんですよ。だから今日は(谷原に)言わない方がいいかなと思ってやっていました。実際、同組のステンソンとローズも同じようにプレーしていましたね」。同じピンを狙うでも、パワーや球質が変われば選ぶクラブも変わる。個人による攻め方の好みのようなものもあるだろう。相談できるのはありがたいが、ある種の難しさもそこにあるのだ。
 では、プレー中、一切相談しなかったのかというとそうでもない。谷原によると、「たとえばグリーン上では、自信があるときはそのまま行くけど、迷ったら相談してみんなで考えました」とのこと。ショットに関してはそれぞれに任せていたが、グリーン上だけは相談することもあったわけだ。ただしかし、「カップを狙うタッチも人によって違ってくる。ラインを読むのもどこまで参考になるか難しいところがある」(谷原)。やはり、相談するのが必ずしもメリットがあるとは言い難い。
 チームメイトがいれば相談したくなるし、時には助言をしたくなることもある。もし、何度もペアを組み、試合でプレーした経験値があれば“相談”は大きな力となるのだろう。しかし、今大会で初めてコンビを組んだ松山、谷原組の場合はまだまだ難しい面の方が大きい。そのため、あまり“相談”しないことが現状有効な戦略なのかもしれない。
 明日は選手それぞれが別のボールでプレーして、良い方のスコアを採用するベストスコア方式。初日とはまた違った戦略が求められることになる。はたして、松山、谷原は明日以降もダブルス戦に適応した戦略を練り、スコアを伸ばしていくことができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、初見のコースを警戒も「明日は“倍”の集中力で」
デイ&ファウラー、“金銀”コンビが最右翼!松山&谷原ペアのオッズは?
「スコア“59”も可能」リオ五輪メダリスト組は優勝に自信
選手のことをもっと詳しく!注目プロ名鑑で松山やマキロイを丸裸に!
超DEEPな骨太スイング論をアメリカからお届け!TOSHI HIRATAの究極レッスン