昨日のものよりも、iPhone 8の構造をさらに詳しく記したと思われる図面が公開されました。

iPhone 8の主な構造が明らかに?

以下の図面で、黄がプロセッサ・メモリなどが搭載されるロジックボード、グレーが電池、青がスピーカー、薄い緑がワイヤレス充電の制御装置、濃い緑がワイヤレス充電に使うコイルが搭載される位置を示しているようです。


画像:9to5Mac

説明には「Qi」という文字もあります。これがワイヤレス充電の規格の1つである『Qi』を指しているのかは不明ですが、その可能性は高そうです。

前面に搭載されるFaceTimeカメラはレンズが2つになるとしています。被写体との距離を測る3Dセンサーを搭載するという噂もありましたが、この図面には説明がありません。

この図面がどのような目的で描かれたものなのか、その情報源は誰・どこなのかが分からないため、この図面が本物のiPhone 8の構造を示しているのかは不明です。

以前公開された別の図面には、iPhone 8は小型のロジックボードと2つのバッテリーを搭載すると記されていました。
→ iPhone 8は2つのバッテリーを搭載? 内部構造が明らかに

参考

More detailed alleged iPhone 8 schematic surfaces, suggests wireless charging will be based on Qi tech | 9to5Mac