高音質を全方位で楽しめる

写真拡大

オーディオ用スピーカーおよびヘッドホンなどを扱うボーズ(東京都渋谷区)は、Bluetoothスピーカー「SoundLink」シリーズ2モデルを2017年4月28日に発売する。一体成型による円筒状のアルミ製エンクロージャー(筐体)による、前も後ろも持たず、聴きたい人へ向ける必要のない「フル360度サウンド」を実現した。

アウトドアでも使えるIPX4防滴仕様

2基を向かい合わせて配置した「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター(電磁気回路のないスピーカー)」、下向きにセットされた超高効率トランスデューサー(振動板を含むユニット)、そこから出た音を拡散する音響デフレクター(偏向板)、エンクロージャー内の空気圧を調整して歪みを除去する「圧力弁」で構成。これにより深く豊かな低音、全方向へ均一に広がるサウンド再生を楽しめる。

水滴や雨、水しぶきなどにも安心なIPX4準拠の防滴仕様に加え、傷や凹みの付きにくい堅牢性も備える。底面にネジ穴(1/4-20 UNC)を装備し、三脚に固定して設置可能だ。

NFC(近距離無線通信)によるペアリングに対応。設定時に安心な音声ガイダンスを搭載。内蔵マイクでの通話や、パーソナルアシスタント「Siri」も使用できる。

カラーはトリプルブラック、ラックスグレーの2色。

価格は、152(高さ)×82(奥行)ミリ、重さ670グラム、バッテリー駆動が最大12時間の「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」が2万5000円(税別)。184(高さ)×105(奥行)ミリ、重さ910グラム、バッテリー駆動が最大16時間の「SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」が3万5000円(同)。