シーズン序盤で見つけた「オッ」と思った選手(3)
FW小林 悠(川崎フロンターレ)

 昨季までの川崎フロンターレは、いつも中心にMF中村憲剛がいた。

 川崎ならではのパスサッカーを成立させるには、中村の技術や戦術眼が不可欠だったし、精神的にチームを奮い立たせるには、中村のリーダーシップが必要だった。あるいはピッチ外、すなわちメディア対応やファンサービスの場でも、中村が先頭に立っていた。

 あらゆる意味で、中村は川崎を引っ張ってきたのだ。

 だが、中村は今季、ずっと左腕に巻き続けてきたキャプテンマークを外した。中村に代わり、キャプテンの役割を委ねられたのは、FW小林悠だった。

 タイミングを同じくして、3年連続J1得点王に就くなど、攻撃の大黒柱だったFW大久保嘉人がFC東京へ移籍した。大久保に次ぐ得点の稼ぎ頭だった小林には当然、昨季以上の結果が求められる。

 今季、小林が担わなければならない責務は、極めて重くなったと言えるだろう。

 だから、と言うべきか、にもかかわらず、と言うべきか、小林は受けるプレッシャーの大きさを感じさせることなく、チームの中心にふさわしいプレーを見せている。

 とりわけ今季の小林から感じるのは、ストライカーとしての強引さ。いい意味でのエゴが表に出てきたように思う。

 2010年に拓殖大から川崎入りした当初から、スピードには定評があった。だが近年はそれに加え、相手DFラインとの駆け引きのなかで巧みに裏を取る術(すべ)を身につけたことで、着実にゴールという結果を残してきた。

 中村同様、彼もまた、風間八宏前監督が標榜したパスサッカーの申し子と言っていい。相手DFがショートパスの連続に対応し切れず、足を止めた瞬間に裏を取るプレーはあまりに鮮やかであり、芸術的ですらあった。

 ところが、今季の小林は相手DFと競り合いながらパスを受け、体をうまく使ってボールをキープし、強引にでもシュートまで持ち込む。そんなシーンが増えた。


今季から川崎フロンターレのキャプテンを担う小林悠 しかも、小林は身長177cmと決して大柄な選手ではないが、運動能力が高く、少々無理な体勢でプレーしてもボディバランスを崩すことがない。だから、強引に見えるシュートも確実にゴールの枠をとらえる。ここまでゴール数こそ3点(J1得点ランキング6位タイ/第8節終了現在)にとどまり、物足りなさがないわけでないが、FWとしての魅力はむしろ増しているように感じる。

 ただ、こうした小林の変化の裏には、川崎が昨季までのようなパスサッカーができていないという負の側面があることも否めない。

 昨季まで見られた、パスワークで蹂躙(じゅうりん)するかのように相手をじわじわと追いつめていく迫力は、今季の川崎では影を潜めている。小林自身も前線の中央でプレーするのか、右サイドでプレーするのか、なかなかポジションが定まらず、少なからず苦労している印象を受ける。

 ショートパスを何本もつないで相手の背後を取るような、きれいな崩しの形はほとんど作れない。結果、小林がフリーでパスを受け、あとはシュートを流し込むだけ、というような場面はなく、少々無理をしてでもシュートに持ち込まざるをえなくなっているのだという見方も可能だろう。

 しかし、だとしても、小林が点取り屋としてさらにひと皮むけるためには、悪くない状況なのではないだろうか。

 実際、今季の小林を見ていると、パスを受けたときの体の向きや相手DFとの位置関係を問わず、躊躇(ちゅうちょ)なくシュートまで至るケースが増えた。「おっ、その体勢からシュートに持ち込むのか!?」と、驚かされることが少なくない。ストライカーとしての怖さや脅威は、間違いなく増している。

 今季の川崎はJ1、AFCチャンピンズリーグを通じて、引き分けが非常に多く(4月27日現在、13試合で4勝1敗8分け)、なかなか波に乗れていない。だが、そんなチーム状態にあってなお、小林は自身の存在感を強めている。

 それは、決してキャプテンマークを巻いたことだけが理由ではない。プレーにおいても、確かな変化が見てとれる。さらに言えば、デュエル(1対1)の強さが求められる日本代表で活躍するためにも、悪くない変化なのではないだろうか。

■「オッ」と思った選手、アントラーズ・安部裕葵編はこちら>>

■「オッ」と思った選手、サガン・鎌田大地編はこちら>>

■Jリーグ 記事一覧>>