ケイトリン・ジェンナー(Caitlyn Jenner)、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner) photo : Getty Images

出演した「ペプシ」のコマーシャルが炎上してしまったケンダル・ジェンナー。父のケイトリン・ジェンナーがケンダルを擁護した。

ケンダル・ジェンナーの父ケイトリン・ジェンナーは今週、ラジオ番組に出演。番組では「あのコマーシャルを見て『とてもクール』って思った。かわいかったし」とコメント、ケンダル・ジェンナーの出演した「ペプシ」のCMを擁護した。問題のCMは「黒人の命も大切だ」という人種差別に抗議する運動を利用していると非難を浴び、1日で放送禁止になってしまったけれど、ケイトリンは「でも私には他の人に見えていたものが見えていなかったのかもしれない」。どうやら問題の核心がわかっていないもよう。

さらにケイトリン曰く「ケンダルは『私はモデル。この仕事をするために雇われた』と言っていた。アジアかどこかに行って数日かけてこれを撮影したの。そうしたらこんな騒ぎになってしまった。ケンダルがかわいそうだと思う」とも。

炎上の原因がわからないことを露呈させてしまったケイトリン。さらにケンダルの仕事に対する姿勢まで明らかに! 娘の仕事を褒めたい親心もわかるけれど、CMに対する批判の声が収束してきたところでこの発言をしちゃうとは……。再炎上しないか、ちょっと心配。

text : Yoko Nagasaka