27日、汚れっぷりのすごさで注目を浴びた動物園のトラについて、澎湃新聞は「水道水で1日2回のシャワーが行われている」と伝えた。

写真拡大

2017年4月27日、汚れっぷりのすごさで注目を浴びた動物園のトラについて、澎湃新聞は「水道水で1日2回のシャワーが行われている」と伝えた。

中国のネットユーザーの間で「あまりにも汚すぎる」と話題になったのは中国江蘇省南京市の珍珠泉野生動物園で飼育されているトラだ。悪臭漂う池で水浴びしたトラは腹部や後ろ足が真っ黒で、この写真を見たネットユーザーからは生活環境の劣悪さを指摘する声が数多く上がった。

記者がこの件で26日に動物園飼育部の関係者に取材をしたところ、同氏はこのところの気温の高さが水の中に落ちた葉っぱなどの腐敗加速に影響したと説明。清掃が行き届いていなかった点を市民に謝罪するとした上で「係員は毎日2回、トラの体に水をかけていて、汚水が健康に影響を与えることはない」「体が汚れているのを見つけたらすぐにきれいにして消毒もする」と語った。

現在、この動物園では猛獣エリアにある溝の清掃が行われており、労働節(5月1日)連休明けごろに全て完了する見通しという。(翻訳・編集/野谷)