AppleがAmazon Echoに対抗するデバイス設計の最終段階に入っているようです。リーク情報で有名なソニー・ディクソン氏がツイッターで明らかにしました。

新製品は「Siri/AirPlayデバイス」

ディクソン氏によれば、Appleが開発中のEcho対抗新製品は「Siri/AirPlayデバイス」として展開され、Siri開発における次のステップを代表するものとなるようです。
 
またBeats技術を何らかの形で利用し、iOSの「変異形」を搭載するだろう、と同氏は述べています。iOSをベースとした異なるOSという意味だと思われます。
 

開発は数年前にスタート

ディクソン氏のツイートにはこれ以上の情報は盛り込まれていませんが、Appleは以前からAmazon Echoに対抗する製品を検討中と噂されています。
 
昨年9月には、AppleがSiriを搭載したスマートホーム機器を開発中で、研究段階は終了しているとの報道もありました。Appleはこの新しいSiri搭載デバイスを、2016年9月時点で2年以上前から開発していたとも言われています。
 
 
Source:Cult of Mac
(lunatic)