ニコラス・ケイジ、映画撮影中に骨折

写真拡大

ニコラス・ケイジが、新作「#211」の撮影中に足首を骨折したようだ。

ブルガリアのソフィアで撮影が行われている同強盗映画の撮影中に悲運なアクシデントに見舞われたニコラスは、病院へと搬送されたところ、医師団から手術が必要であると告げられたという。しかしニコラスはヨーロッパで手術を受けず、ロサンゼルスへ戻ってから手術を受けることにしたようだと、デッドラインは報じている。

現在療養中のニコラスだが、2週間ほどしたら撮影現場へ復帰することができるようだ。

今年後半にも公開予定となっている同作の撮影は、ニコラスが現場に復帰するまで一時中断状態にあるという。