世界最大規模の東北トラ人工飼育繁殖基地とされる黒竜江省の「中国横道河子ネコ科動物飼育繁殖センター」には、今年4月初旬から現在までにトラの赤ちゃん50頭以上が新たに誕生した。

写真拡大

現在、世界最大規模の東北トラ(シベリアトラ)人工飼育繁殖基地とされる黒竜江省の「中国横道河子ネコ科動物飼育繁殖センター」には、今年4月初旬から現在までにトラの赤ちゃん50頭以上が新たに誕生した。

【その他の写真】

今年、出産トラのうち半数が初産で、授乳など「子育て」の経験が不足しているため、同センターでは、こうした母トラから生まれた一部のトラの赤ちゃんに人工飼育を行っている。人民網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集TK)