2度のバウンスバックで1アンダーで折り返し(写真は練習日)(撮影:ALBA)

写真拡大

<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 事前情報◇27日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>
今季よりダブルス形式となった注目の米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」が米国のTPCルイジアナで開幕。その初日、松山英樹&谷原秀人組が1アンダーでハーフターンを迎えた。
国内では“AO”が5年ぶり競演!
1つのボールを交互に打つ「オルタネート・ショット」で行われる初日、ジャスティン・ローズ(イングランド)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)組と10番からスタートした2人は13番でボギーを叩いたもののすぐさまバウンスバック。さらに15番ボギーの後の16番でもすぐさまバーディを奪取。18番パー5でもきっちりバーディを奪って折り返しを迎えた。
その優勝候補ローズ&ステンソンはイーブンパーでハーフターン。その他、ジェイソン・デイ&リッキー・ファウラーコンビは2アンダーでハーフターン。ジョーダン・スピース&ライアン・パーマー組は日本時間3時13分にスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、初見のコースを警戒も「明日は“倍”の集中力で」
デイ&ファウラー、“金銀”コンビが最右翼!松山&谷原ペアのオッズは?
「スコア“59”も可能」リオ五輪メダリスト組は優勝に自信
選手のことをもっと詳しく!注目プロ名鑑で松山やマキロイを丸裸に!
超DEEPな骨太スイング論をアメリカからお届け!TOSHI HIRATAの究極レッスン