4月17日、カナダのケベック州に住むSabina Kapetanovicさんは、危機に陥ってしまった。

そしてそんな危機を救ったのが、彼女が飼っている1匹のワンコ「オジー」だったという。

いったいSabinaさんに何が起こったのだろうか。

トイレで「紙がない」

Sabinaさんが陥った危機とは、トイレで用を足した後に「紙がない」ことに気付いたというもの。

家の中には彼氏のLouisさんも家の中にいたが、彼も他のトイレに入っており、“手が離せない”状態だった。

彼女を見捨てられなかったLouisさんが助けを求めたのがオジー。しばらく経ってからSabinaさんがオジーを呼びよせると、こんな状態で現れたという。

携帯の充電コードで作った即席の首輪に、トイレットペーパーをぶら下げている。

こうしてオジーは、Sabinaさんの危機を救ったのだった……。

20万人がリアクション!

Sabinaさんはこの出来事をその日のうちにFacebookに投稿。すると5日間ほどで、20万人がリアクションし、8万6,000件近いシェアを受けて大拡散する事態となった。

コメントも3万6,000件ほど寄せられており、「かわいい!」「おりこうさんだ!」「うちの犬なら途中でトイレットペーパーを引き裂いちゃう」など、オジーを褒める声が多数投稿されている。中には同じように飼い犬に助けられた経験を持つ人の声もある。

実際に頭を使ったのはLouisさんのような気がするが、残念ながらLouisさんを褒める声はほとんどないようだ。

大家族で暮らしているワンコ

イタリアン・グレイハウンドのオジーは、Sabinaさんにとって最初のワンコなのだという。

OzzyandCo/Facebook

そして今では、フレンチブルのガストン、ボクサー犬のダリ、そしてミニ豚のヒューバートなどと一緒に暮らしている。

OzzyandCo/Facebook

▼Sabinaさんと恋人のLouisさん

彼らの暮らしが見られるFacebookページ“Ozzy and Co”は、現在約6,200人にフォローされている。

OzzyandCo/Facebook