写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サードウェーブデジノスは4月27日、ワコムの筆圧感知ペンが標準で付属する8型Windowsタブレット「raytrektab DG-D08IWP」をPCショップ「ドスパラ」で発売した。これに合わせて製品説明会を開催。声優で漫画家の劉セイラさんをゲストに迎えて、ライブドローイングも行った。

「raytrektab DG-D08IWP」は、クリエイター向けPCブランド「raytrek」で展開する8型Windowsタブレットで、ワコムのペン技術「Wacom feel IT technologies」を採用。4,096段階の筆圧検知に対応し、紙に描いているようなレスポンスのよさ、描き心地を実現するという。

主な仕様は、CPUがIntel Atom x5-Z8350(1.44GHz)、メモリが4GB DDR3L、ストレージが64GB eMMC、ディスプレイが8型(1,280×800ドット)、OSがWindows 10 Home。セルシスのペイントツール「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」が標準で付属する。

通信機能はIEEE802.11 ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0。インタフェースはmicroUSB×1(給電兼用)、HDMI×1、microSDカードスロット、Webカメラ(前面/背面ともに200万画素)、ヘッドホン出力×1など。センサに加速度センサ、GPSを備える。本体サイズは約W214×D128×H10.1mm。

2017年3月の発表時から注目を集めた製品だが、店頭入荷分は売り切れとなる人気ぶり。Web直販では1人2台までだが注文可能なので、早めに入手したいという場合は、そちらをチェックするといいだろう。

製品企画を担当するサードウェーブデジノス マーケティング本部 BTO事業部 スペシャリスト 林田奈美氏は、「自分がほしかったものを形にした製品」だと説明する。自身も絵を描くという林田氏。絵を描く人の場合、腰を据えて制作するだけではなく、ちょっとした空き時間で資料の裏紙やノートの端に。あるいはカフェや居酒屋で紙ナプキンにと、日常の中で自然に絵を描くことが多い。そうしたときにさっと取り出して使える製品を目指した。

8型というディスプレイサイズも絵を描くには小さいのだが、どこでも持ち歩いていつでも使える携帯性を重視。特に女性のバックに入る大きさを意識した。この1台でイラストやマンガを完成させるというよりは、単純に落書きや、ラフ、アタリを付ける、ネームを切るといった作業に向けた製品だといえる。

特にこだわった点はペンだ。タブレットではN-trigのペン技術を搭載しているものも多い。しかし、メモ書きや資料の赤入れなどの作業には問題ないが、こと「絵を描く」ことについて「馴染めない」という声も聞く。イラストレーターや漫画家の支持を集めるワコム製ペン技術を搭載。4096段階の筆圧検知でペンの入り抜きも表現する。

開発段階ではペンを本体内に収納するというアイデアもでたが、ペンが細くなってしまうため、持ちやすさを重視し、通常のペンサイズを採用する。また、ペンのグリップ部分にサイドスイッチを備えるペンもあるが、ペン軸に何かを巻きつけて持ちやすくするユーザーも多いため、あえて省いているという。ペンの芯は標準芯に加えて、フェルト芯、エラストマー芯の3つを標準で同梱する。

なお、4096段階の筆圧検知までは計測できていないが、同じくワコムの「Wacom feel IT technologies」に対応したペンも利用可能だとした。

また、製品には光沢仕様の保護フィルムが付属するが、非光沢フィルムやペーパーライクフィルムも準備中とのことだ。さらに替え芯のセットやケースも今後投入予定だという。

○声優・漫画家の劉セイラさんによるライブドローイングも

発表会にはゲストとして、声優・漫画家の劉セイラさんが登場。劉さんは中国・北京出身で、子どものころから「聖闘士星矢」「幽遊白書」といった少年漫画やアニメを見て育ち、アニメ版の「鋼の錬金術師」で主役の朴璐美さんの演技に衝撃を受け、アニメの声優を志したという。

現在、集英社が運営するWebサイト「ふんわりジャンプ」にて、自身の体験をマンガとした「教えて 劉老師! 2カ国語声優の日常」を連載中だ。

劉さんは、林田氏とトークをしながらライブドローイングを披露。「raytrektab DG-D08IWP」に触れたのは、発表会開始の1時間前だというが、すいすいと構図を決め、絵を入れていく。使い始めた当初は、ペン先と画面に少しずれを感じたというが、描いているうちにすっかり慣れてしまったとのこと。その書き心地を絶賛していた。

○GW中に開催する同人誌即売会でタッチ & トライイベントを開催

なお、サードウェーブデジノスでは、ゴールデンウイーク中に開催される「COMIC1☆11」「SUPER COMIC CITY 26」「COMITIA 120」に企業ブースを出展し、タッチ&トライイベントを開催する予定だ。

(千葉大輔)