【詳細】他の写真はこちら

プロデューサー / DJとして活躍する大沢伸一の音楽への挑戦の歴史とも呼べる 、伝説の“MONDO GROSSO” が完全復活を遂げる。

MONDO GROSSOは、1993年にアシッドジャズバンドとしてメジャーデビュー。バンド解散後も大沢伸一のソロプロジェクトとして、その時代により音楽性を大胆に変容させながら、「LIFE feat. bird」や「Everything Needs Love feat. BoA」など多くの名曲を輩出してきた。

そんなMONDO GROSSOが、6月7日に14年ぶりとなる新作アルバム『何度でも新しく生まれる』をリリースする。

新作は、MONDO GROSSO史上初となる “全編日本語ボーカルもの”となり、本日4月28日、参加ボーカリスト第1弾として3名が発表された。

ひとり目は、女優の満島ひかり。彼女は、東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦が作詞を担当した「ラビリンス」を歌唱。「ラビリンス」は、RECORD STORE DAYの4月22日に先行シングルとして完全限定生産12inchアナログ盤でリリースされており、その透明感溢れる歌声の正体が誰なのか話題となっていた。なお、本日よりこの曲の先行配信がスタート。リリックビデオもYouTubeで公開された。

そして、本作ではファン垂涎のbirdとのタッグも復活。

birdは大沢のトータルプロデュースで1999年にデビュー。MONDO GROSSO最大のヒットである「LIFE」でボーカルを務めており、17年ぶりのコラボレーションとなる今回は、自身が作詞を務めた「TIME」を歌う。

さらに、フェンダーローズのプレイヤーとして、その音色に数多くのファンを持つINO hidefumiをボーカリストとして起用。彼の歌う楽曲「迷子のアストゥルナウタ」の歌詞は、元THE BOOMの宮沢和史が手掛けた。

その他、収録楽曲の詳細は随時発表される。続報をお楽しみに。

大沢伸一 コメント(『TOKYO DAY OUT』インタビューより)

休止している間、日本の音楽シーンを見たわけですが、90年代に僕らが切り崩そうとしたJ-POPへの野心的な挑戦が滞っているのかなと。であれば、MONDO GROSSOとしてその要素のひとつになりたいと思いました。日本とか海外とかをセグメントしないMONDO GROSSOの視点で、敢えて日本語曲を作るという。リリックは日本語ですが、現在の日本の音楽シーンのことは逆に意識しないようにして曲を作る、そういうバランスで。



リリース情報



2017.04.28 ON SALE

DIGITAL SINGLE「ラビリンス」

2017.06.07 ON SALE

ALBUM『何度でも新しく生まれる』

「ラビリンス」リリックビデオはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=soTgaW2L9rk

MONDO GROSSO OFFICIAL WEBSITE

http://www.mondogrosso.com/




DIGITAL SINGLE「ラビリンス」


ALBUM『何度でも新しく生まれる』