写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、27日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス』(毎週木曜23:00〜23:30)で、政界進出への意向があったことを、ゲストの伍代夏子に暴露された。

伍代は、皿うどんへの愛情を語る「アウトな人」ということで登場したが、夫・杉良太郎と山里との意外な関係性を紹介。杉が番組を見ていたら、山里が夕張の財政破たんについて見事な説明・解説していたそうで、杉は「この子はすごい、たぶん政治に興味があるな」と、早速山里に連絡したという。

そこで、政治に興味があるかどうかを尋ねたところ、山里は「ある」と回答。杉は当時、参院選から立候補する人を探していたそうで、山里を誘ってみたものの、「2年待って」と保留されたそうだ。

このことを伍代が赤裸々に明かすと、山里は「伍代さん、それは言っちゃダメですよ」と、動揺しながらも事実であると白状。マツコ・デラックスは「すごいのがぶっこまれた」と大爆笑しながら驚いた。

また、山里によると、杉から「君みたいに若くてこの国を憂いている人は見たことがない。お笑いとしての寿命はもうそんな長くない。それはもう君も感じているだろう」と言われてしまったそう。住民票について話すと、リアルに「ああ千葉三区か」と確認されたといい、矢部浩之も「おもしろい!」と爆笑していた。