写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セガトイズは27日、映画「スター・ウォーズ」の人気キャラクター「BB-8」と「R2-D2」の形をした家庭用プラネタリウム「HOMESTAR BB-8」と「HOMESTAR R2-D2」を発表した。7月27日より発売する。価格はともに6,980円(税別)。

○HOMESTAR BB-8

「HOMESTAR BB-8」は、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が監修する光学式家庭用プラネタリウム。自宅の天井に、季節に合わせた東京の星空とカラー原板(下記)を投影する。投影する星数は約1万個で、用意されているカラー原板は「辺境の星ジャクー」「X-WING」「ブルーマップ」「キャラクター」の4種類。

本体は「スター・ウォーズ」の人気キャラクター「BB-8」の形状になっており、頭部が360度回転することで部屋の大きさに合わせて投影範囲やピント調整を行える。投映範囲は約1.4mの円状で、最適投影距離は2m。0〜90度の角度調整も可能。

電源には単4形乾電池×3本を使用し、連続使用可能時間は4時間。15分のタイマー機能もある。本体サイズはW107×D107×H168mm。

○HOMESTAR R2-D2

「HOMESTAR R2-D2」は、「R2-D2」の形のモデル。2011年に発売された製品のアップグレード版で、カラー原板が変更された。用意されているカラー原板は、「ミレニアムファルコン」「スターデストロイヤー」「ブルーマップ」「キャラクター」の4種類。本体サイズはW120×D86×H175mm。その他の仕様や機能は共通。

(リアクション)