こちらはバイクで転倒後にバスに引きずられた後のヘルメット。どうにか命は無事だったそうです。

バイク、自転車、工事現場など……安全のためにヘルメット着用が大切であることは頭では理解していても、ついつい手間を省いてしまいたくなることがあるかもしれません。

ヘルメットの着用がどれだけ大切なのか、心の底から実感できる例を覧ください。

 

Why You Should Always Wear A Helmet

1.

砕けた自転車用ヘルメット。

2.

あちこちがボロボロ。

3.

アートのように美しい傷ですが、事故の激しさは想像したくありません。

4.

工事現場で刺さった鉄板。

5.

後頭部を強打。

6.
[画像を見る]
半分くらい消失してしまったヘルメット。

7.
[画像を見る]
細かい傷の量が、すべった距離を物語っています。

8.
[画像を見る]
激しく傷のついたシールド。もしヘルメットをしてなかったなら……。

9.
[画像を見る]
こちらはシールド全面に傷。

10.
[画像を見る]
えぐり取られた側頭部。

11.
[画像を見る]
地面に削り取られた左サイド。

12.
[画像を見る]
口元が割けています。

13.
[画像を見る]
ペイントのほとんど剥げてしまいました。

14.
[画像を見る]
木に突き刺さったスキーのヘルメット。


以上、ヘルメットのありがたみがわかる例でした。

冒頭のバスに引きずられたヘルメットの詳細は、以下をどうぞ。
「こんなになっちゃうんだ!?」バイクのヘルメットをかぶってて心底よかったと思う事故

【ありがたみがわかる…絶対にヘルメットをかぶりたくなる写真いろいろ】を全て見る