Doctors Me(ドクターズミー)- 肌のくすみは7つの原因から 透明感あふれる美肌を手に入れよう!

写真拡大

色白で透明感のある肌は、誰もが憧れるものです。そんな美肌を目指して、スキンケアに力を入れているという女性も多いのではないでしょうか?

そんな透明感のある肌を脅かすトラブルのひとつが、くすみです。くすみがあるだけで、どんなにシミやシワがないお肌も台無しになってしまいます。

そこで、くすみの原因や解消法について、ご紹介します。

肌のくすみの7つの原因

くすみは、これまでの習慣や体質がひきおこしています。くすみの原因とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

1:紫外線によるくすみ


紫外線を浴びてきたことによって、くすみとなってしまっている可能性があります。紫外線を浴びることで、少しずつメラニンが表面にたまっていきます。それがくすみとなって現れているのです。

2:汚れの蓄積によるくすみ


普段のお手入れで落としきれなかった汚れが肌に積み重なることで、くすみになってしまっているケースもあります。

また、肌のターンオーバーがうまくいかなくなっており、古い角質がたまっていくことで、くすみへと変わっていくのです。

3:加齢によるくすみ


年齢を重ねると、若い頃のようなクリアな肌を保つことは難しくなってしまいます。老化によって肌の再生能力が衰え、古い角質がたまっていくことで、くすみになってしまいます。

くすみだけでなく、シミやシワなどのトラブルもでてきます。

4:乾燥によるくすみ


肌が乾燥すると肌のターンオーバーが乱れてしまい、古い角質がそのままの状態になってしまいます。

すると、古い角質がくすみとなって現れるのです。常に空調のきいた室内にいる人や、肌がカサカサしやすい体質の人のくすみは、乾燥が原因である可能性があります。

5:毛穴の黒ずみによるくすみ


毛穴に汚れが詰まった状態だと、毛穴の角栓が酸化して、くすんで見えてしまいます。ホルモンバランスの乱れや皮脂の過剰分泌によって、毛穴の汚れがつまり、くすみへと繋がってしまう恐れがあります。

6:血行不良によるくすみ


睡眠不足やストレス・疲労がたまっている人は、顔の血行が悪くなってしまいます。すると顔全体の血色が悪くなり、青黒く暗い顔色になってしまいます。

顔色だけでなく、手足の冷えや肩こりなど、血行不良によるさまざまな症状があることもあります。

冷え性や肩こり・頭痛などの症状がある人でくすみも気になるという場合には、血行不良が原因となっているかもしれません。

7:タバコによるくすみ


タバコをすう習慣のある人は肌がくすみやすくなってしまいます。タバコはビタミンCを破壊してしまうため、コラーゲンやエラスチンが作られなくなってしまい、くすみやシミ・シワの原因になってしまうのです。

マッサージでくすみ解消

顔のくすみ撃退のためには、顔のマッサージはとても効果的です。マッサージをして血行をよくすることで、顔の血色がよくなり、ワントーン明るい肌へと生まれ変わります。

特に血行不良によるくすみのある人は、実践することでくすみを解消することもできるかもしれません。

1.頬に空気を入れて膨らませる


頬に空気を入れてふくらませたりしぼませたりして顔をほぐします。オフィスワークなどで普段表情を動かさない人も、このマッサージをすることで顔の血行が良くなってポカポカと暖かくなります。

2.舌で頬の内側や唇の裏をマッサージする


舌を使って、頬の内側や唇の裏を這わせてマッサージします。頬の内側や唇の裏は、血管がたくさん詰まっている部分であるため、そこをマッサージすることで血行がよくなります。

また、このマッサージは舌の筋肉も使うため、続けることで小顔効果も期待できます。

3.肌の表面を優しくオイルマッサージ


オイルなどを使って、目元を中心に顔全体を優しくマッサージしましょう。このとき、摩擦がかからないようにオイルをたっぷりとつけて、優しくなでるようにマッサージを行うようにしましょう。

頬や目元を上から下へと円を描くようにマッサージをしていきます。そうすることで、顔の血行がよくなるだけでなく、リフトアップ効果もあります。

くすみを予防するスキンケアを知っておこう

くすみを予防したい、くすみを解消したいという場合には、毎日のスキンケアを見直すことで変化を感じることができます。

洗顔は1日2回たっぷりの泡で洗う


洗顔は、顔の表面の汚れや古い角質を取り除くために欠かせない工程です。洗顔の際には、しっかりと泡立てて泡で洗うようなつもりで洗顔をしましょう。

手でゴシゴシとこすると、摩擦によってさらにくすみが起こってしまう可能性があるため、やめましょう。

化粧水は肌になじませるように押し込んでなじませる


化粧水をつけるときに、手やコットンでパッティングをしているという人は多いのではないでしょうか?

しかし、パッティングをすると肌に刺激が与えられてしまい、それによって黒ずみやくすみが起こってしまうことがあるのです。

化粧水をつけるときには、肌に乗せるような感覚で優しくなじませます。たたくというよりは、優しく押し込むようなイメージで行いましょう。

乳液は手で温めてから肌に塗りこむ


乳液をつけるときは、浸透力を高めるために手で温めてから使うと効果的です。乳液についても、化粧水と同じく優しく押し込む、塗りこむようなイメージでつけるようにしましょう。

美容液やブースターオイルも効果的


化粧水や乳液などといったベーシックなアイテムだけでなく、美容液やブースターオイルを使うとより効果的です。

透明感を出す効果のある美容液やブースターオイルを使うことで、肌のトーンを明るくすることも期待できます。

ピーリングでお肌をまっさらな状態に

くすみをスムーズに解消したいときには、ピーリングがおすすめです。ピーリングとは、古い角質を除去して新しい肌へと導くものです。

洗顔などでコツコツとくすみケアをするだけでなく、即効性がほしいという場合に最適です。

ピーリング効果のあるコスメで自宅ケア


ピーリング専用のジェルを使えば、自宅で簡単にピーリングができます。スクラブの入ったジェルで顔をマッサージしていくことで、古い角質を絡め取って除去することができます。

隔週1回や月に1回など、定期的に使用することで、古い角質をお肌に残すことなく、いつも新鮮な肌でいられます。

サロンでピーリングをしてもらうのもおすすめ


もっと本格的なピーリングがしたい場合には、サロンでピーリングをしてもらいましょう。

サロンでのピーリングは、自宅でできるピーリングより古い角質をはがすことができるため、まさにひと皮向けたような状態になります。

ただし、刺激も強いため、ピーリングを行う日の体調やその後の紫外線対策などは厳重に管理する必要があります。

メイク下地でくすみをカバーしよう

毎日のスキンケアをしても、長年積み重なったくすみはなかなか解消されないこともあります。そんなときには、メイクをする際に使う下地にこだわることで、透明感のある美肌メイクに仕上げることができます。

ピンク下地


血行不良によるくすみには、ピンクの下地を使うとくすみを隠すことができます。血行不良の肌は血色が悪いため、ピンク色の下地を使うことで明るい肌色になれます。

パープル下地


乾燥肌によるくすみには、パープルの下地がおすすめです。カサカサの状態の乾燥肌でも、パープルの下地をつかうことで透明感とツヤを与えることができます。

イエロー・オレンジ下地


紫外線によるくすみは、メラニンによるものであるため、イエローやオレンジ系の下地を使うと効果的です。メラニンにより茶色くにごった肌をクリアにして透明感を出すことが出来ます。

ブルーの下地


黄くすみには、ブルーの下地を使うことで肌のトーンをアップして透明感を出すことが出来ます。くま隠しにも使えるのでとても便利です。

くすみを解消してクリアなお肌になろう

くすみは、美肌を目指す女性にとって大敵です。くすみがあるとそれだけで不健康に見えたり年齢異常に老けて見えてしまったりします。

つまり、キレイな肌になりたいのであれば、くすみ対策がとても重要なのです。

くすみの解消方法をマスターして、透明感のあるお肌へと生まれ変わりましょう。

(監修:Doctors Me 医師)