【詳細】他の写真はこちら

嗚呼、オトコの夢。自宅にバイクや自転車用のガレージが欲しい。

でもそのためには家屋の増改築だったり、専用スペースが必要だったりと、若干ハードルが高めですよね。それなら、DOPPELGANGER(ドッペルゲンガー)ブランドから登場した組み立て式のガレージ『ストレージバイクガレージ』を検討してみてはいかがでしょう? こちらはすでに販売が開始されており、希望小売価格がMサイズなら2万6000円(税別)、Lサイズなら3万2000円(税別)。お手軽にバイクガレージを設置できちゃいますよ。

気軽に設置。引っ越しも簡単





Mサイズの『ストレージバイクガレージ』なら中型バイク1台、もしくはスポーツバイク(自転車)2台、Lサイズの『ストレージバイクガレージ』なら大型バイク1台、もしくはスポーツバイク3台が駐車/駐輪可能です。サイズおよび重量は、Mサイズが幅1000×高さ1600×奥行き1850mmで12kg、Lサイズが幅1600×高さ1700×奥行き2250mmで14.7kg。本体の骨組みとなるポールは工具なしで組み立てることができるので、引っ越しの際にはバラバラに分解して、持ち運ぶことも。

生地にはタフな「600Dポリエステル」が採用されています。さらに生地の裏面には、完全防水ではないものの撥水効果のある「PUコーティング」が施されており、長期間の野外設置にも耐えられるとのこと。

機材を持ち込んでの重整備も





『ストレージバイクガレージ』の内部には、整備作業がしやすいようにケーブルホールやランタンフックなどが備え付けられています。コンプレッサーを持ち込んでのタイヤ交換くらいならできそうですよ。内部に空気がこもらないよう、出入口が前後に用意されているので、簡単な塗装作業もできるかもしれません。また、開口部にはワイヤーロックが通せるアイレットも。高価な機材はちゃんと家に持ち帰ることをおすすめしますが、簡単な防犯対策にはなりそうです。

簡易的ながらも手軽にガレージが設置できる『ストレージバイクガレージ』。男の夢の実現への第一歩に、悪くない選択肢なのではないでしょうか。

文/塚本直樹

関連サイト



『ストレージバイクガレージ』プレスリリース

関連記事



バイクを支柱にするテント! こいつはツーリングライダー必携だぜ

テントなのに2分で設営&合体する!?さいころ型の『Qube Tent』は使い勝手が良さそう

プライバシー確保で雑魚寝の部屋でも安眠。室内用「ベッド・テント」