26日、米華字メディアの多維新聞は、北朝鮮が主要な祝賀行事のたびに外国の記者を招いて大金を集めていると伝えている。写真は平壌。

写真拡大

2017年4月26日、米華字メディアの多維新聞は、北朝鮮が主要な祝賀行事のたびに外国の記者を招いて大金を集めていると伝えている。

ロイター通信によると、北朝鮮は最近、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の祖父、故・金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年を祝う軍事パレードを開催し、普段は閉ざされている扉を121人の外国人記者のために開けた。

平壌での7日間の取材経費約2500ドル(約27万円)がすべて、北朝鮮の各政府機関の懐に収められる。この数字は、平均的な北朝鮮市民が5年間に受け取る賃金にほぼ等しい。航空券、ホテル、生活費、ビザなどを含め、北朝鮮は今回の祝賀行事に訪れた記者から計約30万ドル(約3335万円)を獲得した。

軍事パレードを取材したある記者によると、北朝鮮のビザは約175ドル(約1万9000円)、北京から平壌への往復航空券は約500ドル(約5万6000円)、ホテル7泊で約800ドル(約8万9000円)、生活費は約300ドル(約3万3000円)だという。記者に同行し通訳やガイドを務める北朝鮮「警備員」へのサービス料300ドルも別途必要で、携帯電話やデータプランも非常に高価だ。

北朝鮮側は、記者の全てのやり取りを厳密に管理すると言われており、彼らが敏感であると判断した場所を記者が撮影すれば、写真を削除することもためらわないという。(翻訳・編集/柳川)