写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●beyond宣言とは?
NTTドコモは27日、中期戦略2020「beyond宣言」を策定したと発表した。同社では来たるべき5G時代に向けた”6つの宣言”をもとに、事業構造を革新していくとしている。2016年度 決算説明会にて、NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏が概要を説明した。

○beyond宣言とは?

beyond宣言は、ドコモが2017年度からスタートさせる新たな中期戦略。下記の「お客さまへの3つの宣言」と「パートナーへの3つの宣言」からなる。

beyondに込めた意味について、吉澤社長は「2020年のさらに先を見据えている。お客さまの期待を越えていくため、従来の自分たちを越えていく」と説明。中期戦略の実現に向けて「あらゆる想いをつなげ、豊かな未来をつくっていきたい」と言葉に力を込めた。

○「お客さまへの3つの宣言」の概要

ユーザーに対して「お得・便利」「楽しさ・驚き」「満足・安心」を追求する。そのために5G、ドコモ光など通信インフラの革新、また究極のAIエージェント、FinTechサービス、ドローンサービスといった次世代の技術が不可欠となる。

・マーケットリーダー宣言
サービス、料金、ポイントを融合させて"お得・便利"を進化させる。2020年までにdポイントパートナーを300社以上に拡大。ポイント発行額で日本最大級を目指す。
・スタイル革新宣言
5Gの特徴を活かしつつ、VR、AI、IoTを活用する。「empower+d challenge」として、エンタメ分野、ライフスタイル、ワークスタイルに変革を起こす施策を考えている。
・安心快適サポート宣言
AIの活用によりショップの待ち時間を短縮。また、自動応答やセルフ受付などにより、お客さま接点を進化させる。

●「パートナーへの3つの宣言」とは?
○「パートナーへの3つの宣言」概要

パートナー企業に対して「産業への貢献」「社会課題解決、地方創生」「商流拡大」を追求していく。現状の"+d"の取り組みをさらに進化させていきたい考えだ。

・産業創出宣言
5Gの「高速大容量」「低遅延」「多数の端末の接続」といった特徴を活用。パートナーのビジネスを拡大することで、社会や産業の発展に貢献する。
・ソリューション協創宣言
日本の成長とより豊かな社会の実現を目指す。パートナーとの”協創”により社会課題を解決、地方創生にも取り組んでいく。
・パートナー商流拡大宣言
ポイント、送客、FinTech、AIエージェント、ドローンといった各分野でオープンなプラットフォームを構築。パートナーと共に商流を拡大していく。

○5月から取り組みスタート

ドコモでは、上記の6つの宣言を相互に連携させながら、取り組みを発展させていく。吉澤社長は「ドコモが何をやりたいかを明確に示した。事業構造を革新させ、ドコモをさらに成長させていく」と意気込んだ。

なお説明会で吉澤社長は、直近に開始するいくつかの具体的な施策についても触れた。お得・便利を進化させるマーケットリーダー宣言の第1弾として、月額980円で家族通話が無料の「シンプルプラン」を追加、パケットパックには大容量の「ウルトラシェアパック30」を追加する。ともに5月24日から受付を開始する予定。

また、スタイル革新宣言の第1弾として、ドコモ25周年の協創企画をスタート。こちらはデビュー25周年を迎えるアーティスト・Mr.Children、そして安室奈美恵とのタイアップを予定している。このほか、産業創出宣言の第1弾として「5Gトライアルサイト」を5月下旬に開設。パートナーと5G時代のサービスを創造していく。

(近藤謙太郎)