出典:https://www.shutterstock.com

大好きな人との愛を深めるロマンチックなエッチ。でも、情熱的になりすぎて思わぬミスを犯してしまうことがありますよね。

「もう、こんなはずじゃなかったのに……!」

実は男性たちも、がっくり肩を落としてタメ息をつく瞬間があるといいます。そこで今回は、20〜30代独身男性たちに「エッチ中にやらかした恥ずかしい出来事」を思い切って暴露してもらいましたよ!

 

■彼女のことが好きすぎて…

「ちょっと恥ずかしいくらいキス魔だから、一緒にいる間ずっとキスしていたくなっちゃうんだよね。だから、エッチの前はかなり濃厚なキスを交わすのが当たり前。でも、その日は久しぶりすぎてお互いブレーキが利かず、思いっきり歯がぶつかって彼女の唇から大量の血が……。“気にしなくていいよ”と言ってくれたけど、さすがに反省した。」(30歳/IT)

理性が吹っ飛んでしまうほど興奮した男性は、性的衝動をうまくコントロールできない状態に陥っています。今回のように、キスを激しくしすぎたり、S魂に火が付いてデリケートな女性のアソコを攻めすぎたり……。思わぬ流血事件に発展する可能性があるので、くれぐれもご注意を!

 

■ついお酒を飲みすぎて…

「歓送迎会が続いて連日お酒を飲み続けていたせいか、週末の性欲はいつもの半分以下に……。大切なデートの日だと分かっていたけれど、どうすることもできず、肝心なときが来てもアソコは眠ったままだった。彼女は“お疲れなんだね”“仕方ないよ”と言ってくれたけど、ぶっちゃけ俺の無計画さにウンザリしている様子。若い頃はどんなに疲れていても、こんな風にならなかったんだけどな……。」(31歳/広告)

社会人にありがちなのが、飲み会続きで性欲が減退してしまうケース。せっかくベッドインしたのにまったく勃たず、自信をなくしてしまう男性は多いようです。頻繁にあるとイラッとするものですが、長い付き合いの中で1度や2度は仕方のないことかもしれません。「こんな日もあるよ」「添い寝できるだけで幸せだよ」とカレを慰めてあげましょう。

 

■彼女が尽くしてくれたのは嬉しかったけど…

「イク寸前までは触れられると気持ちいいんだけど、イッた後はただくすぐったいだけ。正直すぐに手を離してほしいくらい敏感なんだけど、それを知らずに彼女がずっと触り続けた結果、ベッドで放尿してしまった。彼女は“えっ……!?”とビックリした表情を浮かべて、かなりドン引きした様子。油断しないでもっとしっかり拒否しておけばよかった」(28歳/福祉)

カレのペースに合わせたエッチも幸せですが、たまには手や口を使って男性を満足させてあげたいものですよね。でも、ただ闇雲に動かせばいいものではありません。イッた直後のアソコは、女性が思っている以上に敏感になってるのです。うっかりイジめすぎると、今回のようなハプニングに遭遇することになるので、十分気を付けましょう。

 

このほか、「気持ちよすぎておならが出てしまった」「アソコが臭いと指摘された」「フェラ中にアソコを動かしたら、喉の奥に入りすぎて彼女が気持ち悪くなってしまった」など、思わず赤面してしまう失敗エピソードがたくさん! あなたは彼氏の思わぬミス……どこまで受け止めることができますか?

【画像】

※ Estrada Anton/shutterstock

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【関連記事】

※ え、ソコなの!? 男がエッチの時に見ている体のパーツ

※ 本命は別格!男が見せるエッチ中の「愛している」サイン

※ うそっ…最低!男が「本命or遊びのエッチ」で差をつけるコト

※ せっかくの密室が台無し!「ドライブデート」のNG行為

※ ゲッ…無理だわ!一瞬にして「気持ちが冷める」女性のNG行動4つ

※ 「本気で好きだから…」男が本命女子にだけするアプローチ