Doctors Me(ドクターズミー)- 不正出血が鮮血の場合は要注意!? 出血の原因や対処法を解説

写真拡大

女性の不正出血は起こりやすいことだと言われています。

ですがほとんどの不正出血は少量であることが多く、おりものに血が混じる程度だったりします。

しかし中には鮮血が大量にでてくるような場合も…。

今回はそんな不正出血が鮮血の場合の原因や対処法をまとめます。

不正出血と鮮血の出血がある場合

不正出血はさまざまな原因で起こる、女性によくあるトラブルです。

ですから人によっては何度も不正出血を経験しているうちに慣れてしまって、少しなら大丈夫、などと考えてしまいがちです。

確かに心配のない不正出血もあると言われますが、中には重大な病気が隠れていることもあるのです。安易に軽く考えていると大変なことになるかもしれません。

不正出血とは、月経以外に起こる性器からの出血すべてを指します。しかし不正出血と一口に言っても実はその内容はさまざまです。

血液の色や量、出血の期間や頻度などが人によって違いますし、原因によっても違ってきます。

不正出血は出血そのものだけを見ても原因が分からないことが多いので、病院でしっかり検査をしてもらうことが大事です。

多くの場合は不正出血の出血は少量であり、色も茶色や薄いピンクなどです。しかし中にはナプキンでは間に合わないほどの出血や真っ赤な鮮血などの場合もあります。

そのような鮮血の場合には、気を付けるべきことがあります。原因と共にご説明します。

生理不順による鮮血の不正出血

生理不順の場合には、鮮血の出血が生理なのか不正出血なのかがわかりにくいようです。生理だと思い込んでいたものが実はそうではないという可能性もあります。

生理不順の原因としてはホルモンバランスの乱れなどがよく見られます。女性の身体はデリケートですので、ストレスや疲れ、体調不良などでもホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。

しかしそのような場合以外にも重大な病気の可能性がもちろんあります。無排卵月経などの場合や、黄体機能不全などホルモン異常が見つかる場合もあります。

これらは不妊につながることもありますので、ただの生理不順だと思って放置するのは良くありません。

生理不順なのか不正出血なのかを判断するためには、基礎体温を測ることが有効だとされています。

病院を受診する時にも基礎体温のグラフは参考になりますし、自分の身体を知るために基礎体温を付けてみることをお勧めします。

子宮腟部びらんによる鮮血の不正出血

子宮膣部びらんは病気ではなく、子宮の出口のあたりがただれていることを指しています。成人女性のおよそ80%程度には見られる症状で無自覚のことが多く、これといって心配することはないものだと言われています。

ただし、性交やタンポンの使用などによって刺激を受けることで出血しやすく、そのような場合に不正出血が起こります。鮮血の出る不正出血の原因としてよく見られるものです。

また、注意したいのは子宮膣部びらんは子宮頸がんの初期のこともあるので注意が必要です。何度も出血を繰り返す場合などは医師に診てもらった方がいいでしょう。

このほかに妊娠した場合などにおきる着床出血や、流産などの場合に鮮血の不正出血が見られることがあります。

鮮血の不正出血の原因〜注意したい病気〜

鮮血が出る不正出血は上記の他に重大な病気の場合もあります。

子宮筋腫


子宮にできる良性の腫瘍ですが、鮮血の不正出血や月経の異常、腹痛などの症状があります。不妊症につながる場合もあります。

子宮内膜ポリープ


こちらも良性の腫瘍ですが、不正出血をおこしたり、妊娠に影響を及ぼす場合がありますので注意が必要です。

炎症


膣炎や子宮内膜炎、病原菌の感染などによって炎症が起こることで出血する場合があります。

悪性の腫瘍/がん


子宮頸がんや子宮体がんなど、悪性の腫瘍による不正出血の場合があります。

とくに子宮頸がんは初期段階ではこれといった症状がなく、病気に気が付くのが遅れるケースも。出血がある頃には病気が進行している可能性もあります。

このように不正出血が病気を発見する大事なサインとなっている場合もありますので、不正出血を甘く見るのは危険です。

不正出血がある場合の対処法

では実際に不正出血が起こった場合にはどのように対処すればいいのでしょうか。

病院へ


鮮血であれ、少量であれ、不正出血が見られる場合にはまず産婦人科へ相談するのが一番いい方法です。病院で大丈夫だと言われれば安心ですし、早期に病気が発見できる可能性も高くなります。

また、定期的に通っているうちに病気が見つかったり、不正出血の様子の変化や状態の違いを比較することで病気が見つけらる場合もあります。

そのためにもできるだけ同じ病院を受診し、変化を見てもらうのがおすすめです。

基礎体温を測る


月経や不正出血など、女性ホルモンの働きが大きく関わっていますので、これを知るためにも基礎体温を測ってみることをお勧めします。

数カ月〜つけなくてはいけませんが、この記録があると自分の生理についてよくわかりますし、病院でも診断の材料になります。

ストレスをためない


女性ホルモンの分泌にはストレスなども大きく関わっていると言われています。規則正しい生活やストレスのたまらない生活などを心がけるのもいいでしょう。

不正出血という身体のサインを受け取って

鮮血などの不正出血があると不安になりますが、これは身体からの大事なサインだと思って、ぜひご自分の身体を大事にしてあげて下さい。

自分の身体へ意識を向けるいい機会になるかもしれません。

(監修:Doctors Me 医師)