ジャスティン・ティンバーレイク、故ジョナサン・デミ監督を追悼

写真拡大

 『羊たちの沈黙』や『フィラデルフィア』などの作品で知られる【アカデミー賞】受賞監督のジョナサン・デミが2017年4月26日に死去した。享年73歳だった。多くの著名人が哀悼の意を表する中、ジャスティン・ティンバーレイクも自身のインスタグラムに監督の死を悼むメッセージを投稿している。

関連画像一覧

 監督と抱き合って大笑いしているモノクロのツーショット写真を投稿した彼は、「人間らしさの達人だった、君。ストーリーテリングの天才だった、君。寛容で温かい男だった、君。特別な人だった、君。君は僕に人生や芸術について、そして信じるものの為に立ち上がることについて教えてくれた。君のおかげで僕は技を磨くことができた。そして、カメラや舞台がないところで君と過ごした時間は、僕をより良い人間にしてくれた。君はかけがえのない人だった。優しい友よ、君に会えなくなるのは本当に寂しい。またいつか会えるといいね。大好きだよ、JD」とキャプションに綴っている。

 ティンバーレイクは、『20/20エクスペリエンス』を引っさげた自身のツアーを追った2016年のNetflixドキュメンタリー『ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ』でデミ監督とコラボレーションした。


◎ジャスティン・ティンバーレイクによる投稿
https://www.instagram.com/p/BTXP9dwhZkm/