相性が合わなければ結婚への障害ともなりうる彼ママの存在。できることならば彼ママと良好な関係を保って彼との結婚にたどり着きたいもの。今回は、結婚の決め手となるべく、彼ママに気に入られる7つの行動をご紹介します。

1. 「教えてください」の謙虚な姿勢

彼ママのハートをつかむのに必要なのは「教えてください」の謙虚な姿勢。“控えめかつ探究心のある女の子”は年上女性にかわいがられるタイプ。お料理や手芸など、彼ママが得意としていることを学ぼうとする姿勢は彼ママに好印象を与えるはずです。

2. お呼ばれしたらお手伝いは必須

彼の実家にお呼ばれしたときは、率先して彼ママのお手伝いをすることはマスト。「気を使わないでね」という彼ママの言葉をうのみにして、ソファに座ったまま談笑してしまってはお先真っ暗。できることは限られてしまうかもしれませんが、大切なのは「手伝います」という姿勢を見せることです。

3. わざとらしさは逆効果

彼ママに気に入られたい気持ちはわかりますが、大げさに彼ママを褒めたりおべっかを使うのはNG。わざとらしい気遣いに不信感を与えてしまうこともあるので要注意!

4. 悩みごとを打ち明ける

相談ごとを持ちかけられると自然と親近感が湧くものです。仕事や趣味、または何気ない日常のことなど、ちょっとした悩みを彼ママに打ち明けてみましょう。ただし、お節介な彼ママに相談ごとをすると厄介な状況を招きかねないので、相手の性格を考慮することも忘れずに!

5. 無理をせず自然体を保つ

彼氏の家族に気を使うことは大切ですが、頑張って気を使いすぎてしまうと彼氏の家族に会うのが苦痛になってしまうことがあります。末長く続く付き合いを考えると、無理のしすぎは禁物。見せかけの優しさや作り笑いは相手にも伝わってしまうものです。自然体を保ち自分自身を追い詰めないように心掛けましょう。

6. 最低限のマナーを心掛ける

お家にお邪魔するときは靴をそろえる、ごちそうになったらきちんとお礼を伝える……など当たり前のことだからこそ心掛けたい最低限のマナー。立ち振る舞いや言葉遣いは人柄を表します。最低限のマナーを日頃から意識することで自然と行儀のよさが身につくはずです。

7. 彼氏への愛情を表現する

母親はどんなときも息子の幸せを願っているもの。最愛の息子を深く愛してくれる女性の姿に喜びや感謝の気持ちが芽生えることもあります。彼ママには恥ずかしがらずに彼氏への愛情を表現するのが◎。
ただし、愛情表現といっても彼ママの前で彼氏とイチャイチャするのはタブー。彼氏の行動や長所を褒めて彼氏への愛情を表現しましょう。また、親密な関係でない限り彼ママに彼氏の愚痴を言うのは避けた方が◎。彼氏との恋愛トラブルに彼ママを巻き込むと、結婚が遠ざかる可能性があるので要注意です。