AFCが川崎Fを処分【写真:Getty Images】

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は27日、川崎フロンターレを処分の対象とすることを公式サイトで発表した。

 25日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の水原三星戦で、川崎Fの一部サポーターが旭日旗を掲げていたことが問題視されていた。AFCはこの一件について川崎Fに処分を科すことを決めている。

 AFCは川崎Fの一部サポーターの行為が「差別に近いもの」を禁止する規約の第58条に抵触するものと主張。具体的な処分内容については明らかにされていない。

 なお、現時点で川崎F側から声明は出ていない。

text by 編集部