写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは27日、コンパクトカー「up!」を5年ぶりに刷新して発売した。スマートフォンとの連携を強化したインフォテイメントシステムを採用したほか、安全・快適装備や内外装のデザインなど刷新した。世界的オーディオブランド「Beats」とのコラボレーション第2弾となる「up!」限定車2モデルも同時発売した。

新型「up!」では、スマートフォンとの連携を強化した5インチカラーディスプレイの純正インフォテイメントシステム「コンポジション フォン」を採用。スマートフォンをBluetoothで接続することで、専用アプリでナビゲーションルートガイダンス(1年間無料)やタコメーター・水温計の表示、スマートフォンに収納している音楽の再生が行えるほか、エマージェンシーアシスタンスやカスタマーセンターへの無料通話、エコドライブのアドバイス機能など計9つの機能を利用できる。

安全・快適装備では、全車標準装備の「シティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)」を引き続き採用。新たにLEDポジションランプ付ハロゲンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)やオートライト、レインセンサー、タイヤ空気圧警告灯といった最新の装備も全車標準装備としている。上級グレード「high up!」では、交差点での歩行者を確認しやすいスタティックコーナリングライトに加え、シートヒーターや新デザインの15インチアルミホイールを標準装備し、アレルゲン除去機能付フレッシュエアフィルター採用のフルオートエアコンディショナーをオプション設定している。

あわせてオーディオブランド「Beats」とコラボレーションした限定車2モデル「up! with beats」「roof up!」も発売。エントリーグレードの「move up!」をベースとした「up! with beats」は、プレミアムサウンドシステム「beats sound system」を搭載し、内外装ともに「Beats」の世界観をイメージしている。上級グレード「high up!」がベースの「roof up!」は、さらに個性的なエクステリアとした限定車で、外装色とルーフカラーの鮮やかなツートンカラーを実現。リヤウインドーにはダークティンテッドガラスを採用し、よりスタイリッシュな印象を与えている。

「move up!」2ドアは158万7,000円、4ドアは178万7,000円、「high up!」は193万8,000円。「up! with beats」の2ドア(200台限定)は172万3,000円、4ドア(400台限定)は192万3,000円、「roof up!」(130台限定)は204万9,000円(価格はすべて税込)。

(木下健児)