ジェシカ&f(x) クリスタル姉妹の名前を使用?ドラマ「超人家族2017」のワンシーンに疑問の声

写真拡大 (全2枚)

SBSドラマ「超人家族2017」が最近、歌手ジェシカとf(x) クリスタル姉妹をいわゆる“狙撃”したという疑惑に巻き込まれた。

先立って今月24日に韓国で放送された「超人家族2017」の納骨堂のシーンで、故人の名前に「チョン・スヨン」、訪問客には「チョン・スジョン」という名前が訪問者名簿に記載された事実が捉えられた。

また「残したいメッセージ」の項目には、「お姉さんに会いたい。愛してる」というメッセージが記されており、「チョン・スヨン」と「チョン・スジョン」が姉妹であるという推測を可能にさせた。

問題は「チョン・スヨン」「チョン・スジョン」という名前が、それぞれジェシカとクリスタル姉妹の本名であるためだ。

ジェシカとクリスタルもやはり「チョン姉妹」などと呼ばれ、良く知られていることを理由に、一部ネットユーザーは「超人家族2017」に疑惑の視線を送っている。

「超人家族2017」の制作スタッフが意図的に、ジェシカとクリスタル姉妹を連想できる名前を納骨堂のシーンに使ったのではないかという疑惑だ。

訪問者名簿の中で「チョン・スジョン」を「チョン・スヨン」の妹に設定しておいたことも実際と同じ状況で、疑惑を誘う。

特に訪問者名簿に記載された他の名前と違い、唯一「チョン・スヨン」「チョン・スジョン」だけが特定芸能人を思い出させることができる名前という点で、疑惑は深まっている。

オンライン上では、偶然の一致でも当事者に不快感を抱かせる可能性があるとして、制作スタッフに対する批判が出てきている。