B.A.P、日本7thシングル「WAKE ME UP」がオリコンチャート4位にランクイン!日本での人気を証明

写真拡大 (全2枚)

B.A.Pが日本で発売したニューシングル「WAKE ME UP」が、オリコンチャート4位にランクインした。

本日(27日)、日本最大の音楽情報サービスを提供するオリコンスタイルによると、昨日(26日) 発売されたB.A.Pの7thシングル「WAKE ME UP」は、発売初日の販売数が20,140枚、およびオリコンデイリーチャート4位を記録した。

先日「B.A.P 2017 WORLD TOUR PARTY BABY!」のソウル、アメリカコンサートを終え、グローバルな人気を証明しているB.A.Pは、前回も日本で発表したシングル、アルバムが発売と同時にオリコンチャート上位圏にランクインした。昨年12月に発売したシングル「FLY HIGH」がオリコンデイリーチャート4位ランクインしたことに続き、再度チャート4位を記録し、日本での人気を実感させた。

今回発売されたシングルは、昨年11月に韓国で発売した「WAKE ME UP」の日本語版で、現代人に向けた特別なメッセージを込め、韓国ファンから多くの愛を受けた曲だ。タイトル曲だけでなく「I GUESS I NEED YOU」や「BE HAPPY」を含む全3曲を、日本語バージョンで再構成した。

本格的な日本プロモーションを開始したB.A.Pは、「B.A.P 2017 WORLD TOUR PARTY BABY!」ソウルコンサートを皮切りに、米国アトランタ、ニューヨーク、ロサンゼルスなど計6つの都市を巡回、米国ツアーを無事に終え、5月にヨーロッパツアーに出る。