THE PUBLIQ

写真拡大

 デザインコンサルティングファーム・THINKRが、スマホ世代に向けた縦動画メディア・THE PUBLIQを4月26日にローンチした。

(関連:ORESAMA、Seiho、give me walletsらが躍動 “次世代・ネオ渋谷サウンドイベント”レポート

 THE PUBLIQは、短尺縦動画ならではの没入感や親近感に焦点を当てた、スマホファーストメディアプロジェクト。ストレスフリーな操作性で、画面いっぱいに広がる動画コンテンツを楽しめるという。

 同メディアは次世代のカルチャーを感じ取ることができる複数の再生リストで構成されており、ローンチ初日には「THE PORTRAIT」と冠した“知る人ぞ知る業界のキーパーソン”をジャンルレスにフックアップした再生リストをはじめ、「THE MUSIC」「THE CREATION」「THE MINDMAP」と冠した音楽、クリエイティブ、ビジネスの各シーンにおいて“右肩上がりに活躍する人物“に焦点を当てた4つの再生リストに加え、“外界を遮る1分間“をテーマに、可愛さを濃縮した「THE GIRL」、“即興ラップ(フリースタイル)を情緒的にアレンジ“した「THE LYRIC」の計6つの再生リストを公開した。6つの再生リストにカテゴライズされた動画は2017年は月に10本以上、主にTHE PUBLIQのYouTube上にて公開されるとのこと。

 なお、音楽プロデューサーとしてSeihoが運営チームに参画。SeihoはオープニングのSEを書き下ろし。BGMもSeihoの楽曲を中心に構成されており、音楽プロデューサーのみならずTHE PUBLIQのブレーンとビジョナリーとして重要な役割を担っている。

 今後は、さらにインタラクティブ性を持たせた映像表現の開発やコンテンツ開拓も視野に入れているという。(リアルサウンド編集部)