ウィッチ

写真拡大

魔女をテーマにして全米大ヒット&3週連続ランクインしたサンダンス映画祭監督賞受賞作品『ウィッチ』の日本公開が7月22日(土)に決定! 併せてキービジュアルが解禁となった。

1630年、敬けんなキリスト教徒の夫婦と5人の子どもたちが、米国・ニューイングランド州の村はずれの森の近くに移住してくるが、生まれたばかりの赤子が突如、消えてしまったことにより家族は狂気の淵に陥っていく。赤子を連れ去ったのは森に棲む魔女なのか? それとも...?

本作は全世界24の映画祭に招待され、ファンの圧倒的な支持を獲得した新感覚のダーク・ファンタジー・ホラー。監督のロバート・エガースは当作品で、サンダンス映画祭監督賞を受賞。定評ある演出で次回作は、ホラー映画史に残る『吸血鬼ノスフェラトゥ』のリメイクの監督に大抜擢され、今や新鋭監督として最も期待される存在となった。

主演を務めたアニヤ・テイラー=ジョイは昨年、英国アカデミー賞(英国映画テレビ芸術アカデミー)において若手の俳優・女優に送られるライジングスター賞(過去にはジェームズ・マカヴォイ、クリステン・スチュワート、トム・ハーディが受賞)にノミネートされるなど今後注目の若手女優の一人だ。そして、本作での圧倒的な存在感と評価でM.ナイト・シャマラン監督の『スプリット』のヒロインやリドリー・スコットの息子ルーク・スコット監督作品『モーガン プロトタイプL-9』へと抜擢された。ハリウッドの新たなる二つの才能と近年最高・最上の恐怖映画がついにこの夏、日本上陸!

『ウィッチ』は7月22日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。(海外ドラマNAVI)