G大阪が不適切フラッグに関する処分を発表

写真拡大

 ガンバ大阪は27日、「政治的思想を連想させるフラッグの掲出」に関し、続報を発表した。

 クラブは今回の件の発端となったサポーターグループと話し合いを行い、「当該サポーターグループからの解散届の受理」、「当該サポーターグループ全員の無期限入場禁止」の処分を科すことを決定。また、G大阪とファン・サポーターが共同で応援のあり方を検討し、改革するための「プロジェクトチーム」を発足することも報告した。

 G大阪は16日のJ1第7節・C大阪戦で政治的思想を連想させるフラッグの掲出があったとして、21日の第8節・大宮戦から公式戦における掲出物を禁止することを発表。今回の発表に際して「大宮戦におきましては、試合当日のアナウンスにもかかわらず、皆様にはご理解を頂き、混乱無くルールを守っていただいたことを感謝いたします」と述べ、「G大阪が運営責任を果たし、クラブ・ファン・サポーターが一体となった新たな応援スタイルを確立いたします」と、再発防止に努めるとした。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ