写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネオレックスは4月26日、クラウド勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」において、前日の勤務終了時刻から翌日の勤務開始時刻までの休息時間を一定時間以上確保する「勤務間インターバル制度」を管理できる「勤務間インターバル管理機能」の提供を開始した。

バイバイ タイムカードは、タイムカード、タイムレコーダーなどを利用して行われている出退勤時刻の記録と、それらの集計を自動化するクラウド勤怠管理システム。

また、勤務間インターバル制度とは、前日の勤務終了時刻から翌日の勤務開始時刻までの休息時間を一定時間以上確保する制度。EU加盟国では、労働者の健康を守るため「24時間につき最低連続11時間のインターバル」を義務付けている。

日本でも、政府が進める「働き方改革」の、長時間労働の是正に関する労使合意において、上限規制に次ぐテーマとして取り上げられており、平成29年度政府予算では「勤務間インターバル」を導入する中小企業を支援するため、4億円が盛り込まれた。

これらの背景から、バイバイ タイムカードでは、勤務間インターバルの集計機能に加え、シフト作成時点で警告を出したり、打刻時に次回推奨出勤時刻を表示する「勤務間インターバル管理機能」を提供している。

今回の機能強化では、予防と管理の観点から3つの機能を提供する。

シフト作成時に勤務間インターバルを確認し、必要な勤務間インターバルが確保されていない場合、アラートを表示できる「シフト作成時の勤務間インターバル管理機能」を追加。同機能により、必要な勤務間インターバルの確保されていないシフトが組まれることを未然に防ぐことができる。

また、勤務終了の打刻をした時に、タイムレコーダー上に勤務間インターバルを確保するために推奨される次回出社時刻を表示する「打刻時の推奨出社時刻通知機能」を追加した。これにより、勤務者は翌日何時以降に出社すべきであるという事をリアルタイムに知ることができる。

「勤務間インターバル実績管理機能」では、勤務実績に基づき、勤務間インターバルの確保が正しく行われたかどうかを自動チェックできる。同機能により、勤務間インターバルの適正な確保ができているかどうかを確実に把握できるようになる。

(山本明日美)