写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジーニーは4月26日、インターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」にて、スマートフォンアプリ向け動画リワード広告のメディエーション機能の提供を開始する。

GenieeSSPは、ジーニーが独自で開発した、インターネットメディア向けの収益最大化プラットフォーム。純広告や、RTB(Real Time Bidding)による入札、複数のアドネットワーク、アフィリエイト広告から最も収益の高い広告を配信し、収益の最大化を実現している。

今回、スマートフォンアプリのディベロッパー向けに、動画リワード広告のメディエーション機能を提供する。これにより、アプリディベロッパーは、GenieeSSPが連携する国内外の主要なアドネットワーク7社の動画リワード広告を、各アプリに合わせた最適なロジックで配信できるようになる。

ジーニーでは、最先端のテクノロジーを活かして、GenieeSSPの機能追加や、アドネットワークとの連携拡大などに注力し、メディアのWebサイト/モバイルアプリにおける広告収益の最大化に貢献していくという。

(山本明日美)