“黒人パロディ問題”ホン・ヒョンヒ、約一週間の沈黙を破りSNSで謝罪

写真拡大

お笑い芸人ホン・ヒョンヒが、黒人を卑下するギャグをめぐる論議に対して謝罪した。論議が浮上してから約一週間ぶりのコメント表明だ。

ホン・ヒョンヒは26日午後、自身のInstagram(写真共有SNS) に「軽率なギャグによって傷ついた方々に心より申し訳なく思い、謝罪申し上げる」という書き込みを残した。

ホン・ヒョンヒはこれに先立ち、19日に韓国で放送されたSBS「笑いを探す人々」で肌を黒く塗り、滑稽な扮装をしてギャグを披露した。その後、これが黒人を戯画化した「人種差別主義的ギャグ」という批判を受けた。

【SNS全文】

「笑いを探す人々」のお笑い芸人、ホン・ヒョンヒです。

私の軽率なギャグによって傷ついた方々に心より申し訳なく思い、謝罪申し上げます。

今後さらに慎重に考え、より健康なお笑いを披露できるように努力します。