シリア・ダマスカス近くに位置する、反体制派が支配する町ドゥマで撮影された、ダマスカス国際空港から立ち上るとみられる炎(2017年4月27日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】シリアの首都ダマスカス(Damascus)の国際空港付近で27日午前、大規模な爆発が起き、火災が発生した。在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が明らかにした。

 同監視団によれば、爆発は空港の外で発生したが、空爆によるものか、それとも地上からの攻撃によるものなのかは分からないという。

 過去にイスラエル軍は、シリア政府と同盟関係にある隣国レバノンのイスラム教シーア派(Shiite)原理主義組織ヒズボラ(Hezbollah)のものとされる、備蓄された武器を標的に、ダマスカス国際空港や首都周辺の基地に対する空爆を行ってきた。

 ヒズボラ系のテレビ局アルマナル(Al-Manar)は、「恐らく」爆発はイスラエル軍の空爆により発生したと報道。しかし被害は物的なものにとどまったという。

 一方で、イスラエルのイスラエル・カッツ(Yisrael Katz)情報活動相は、今回の大規模な爆発について同国の政策に沿うものだとしつつも、実際に攻撃を行ったか否かについては明言を避けた。

 カッツ情報活動相は軍のラジオに対し「精密兵器がイランによって、シリアからレバノンのヒズボラの手に渡るのを阻止すべく行動している」と述べた上で、「ヒズボラに武器を渡そうとする試みについての重大な情報があれば、われわれは行動する。今回の出来事はこの政策に完全に沿うものだ」と述べた。
【翻訳編集】AFPBB News