「小鳥ピヨピヨ」の清田いちるが眠気を引き出す方法をプロデュース

写真拡大 (全9枚)

「ココログ」や「Zenback」などのWebサービスを次々と企画し、ヒットへ導いた敏腕Webプロデューサー・清田いちるさん。人気ブログ「小鳥ピヨピヨ」の管理人、「ギズモード・ジャパン」初代編集長などを務め、現在はシックス・アパート株式会社の シニア・ディレクターとして様々なサービスをプロデュースしています。新入社員のころから多忙で、寝る間を惜しんで仕事や趣味に没頭してきたそうですが、実は長らく不眠に悩まされてきたそう。そんないちるさんがプライベートと仕事の両立を成功させた秘訣とは…?

 

目次

1.20〜30代のときは超ワーカホリック!夜はパソコンとダンスで寝る暇なし
2.先進的な勤務形態「SAWS」で、子育てと仕事の両立を実現
3.夜になかなか寝付けない清田いちるが実践する、5つの入眠儀式
4.40代は“中年の危機”!? 年齢を重ねて、いろいろな面で睡眠の大切さを痛感

 

20〜30代のときは超ワーカホリック! 夜はパソコンとダンスで寝る暇なし

──いちるさんは1994年にニフティに入社されていますが、当時はインターネットがまだまだ普及していなかったIT黎明期。そんな時代に、なぜIT業界に入ろうと思ったのでしょうか?
 
「元々マスコミ志望で、業界の一社という認識でニフティに入社したので、当時はIT業界に入ったという認識はありませんでした。ただ、学生時代に『ニューロマンサー』(※1)と『カッコウはコンピューターに卵を生む』(※2)という本を読んでコンピューターやネットワーク社会に刺激を受けていましたし、中学生のころには8ビットパソコン最大のベストセラーシリーズとも言われる「PC-88シリーズ」のパソコン向けゲームにどっぷりはまっていました。なので、パソコンやITに苦手意識や抵抗感はありませんでしたね」(いちるさん)

※1ウィリアム・ギブスン著のサイバーパンク小説。1984年刊
※2クリフォード・ストール著のノンフィクション小説。初めてハッカー犯罪をテーマにした小説としても知られる。1989年刊

 
──日本にブログというサービスを浸透させた「ココログ」など、ニフティではインターネット・サービスの先駆けとなるさまざまなプロジェクトを手がけられています。急成長を遂げる業界で最先端を走るクリエイターということで、当時は多忙を極めていたはずです。
 
「『ココログ』を手がけていたときはブルドーザーのように突っ走っていた記憶がありますね。Webサービス以外だと、当時の仕事で最も思い入れがあるのは『ドーナッツ!』というWeb絵本の仕事です。当時はまだほとんど知られていなかったイラストレーターの100%Orangeさんを発掘し、ネット上で絵本を連載し、書籍化しました。累計10万部くらい売れたんですよ。そのほかにも思い出深い仕事はたくさんあります。2000年の個人動画配信、2001年のソーシャルゲーム、2002年のbotサービスとか。でも、失敗というか大成功には至らなかったので会心の仕事とは言えません(笑)。いま思うと『出すには早すぎた』という類のサービスだったのかもしれませんね」(いちるさん)
 
──それほど多くのプロジェクトを次々と進めるにあたって、残業も多かったんじゃないですか?
 
「会社での仕事は大体22時に終わって、23時30分くらいには帰宅していたかな。ただ、そこからまた自宅でパソコン三昧(笑)。当時、NTTのテレホーダイというサービス(※3)があって、深夜からはパソコン通信『Tiger Mountain』で好きなだけクリエイターたちと交流できたんです。だからそのころの睡眠時間は4.5〜6.5時間ぐらい。しかも、若いころはダンサーの仕事もしていて、クラブに行って真夜中のショータイムで踊ることもありました。そんなときは始発に乗って朝5時に帰宅、1〜2時間寝てから9時半には出社するというスケジュールが定番。我ながら、かなり無茶してましたね(笑)」(いちるさん)

※3 NTTが提供していた、夜23時から翌日8時までの時間帯はインターネット通信料が定額(月額)で使いたい放題というサービス

 

ダンスを披露してくださったいちるさん。現在もダンスの活動を続けています

 
──まさに「睡眠時間を削ってやりたいことをする」という生活ですね。
 
「睡眠時間を削っている意識はなかったけど、結果的にそうなったという感じですね。僕は仕事も趣味だし、趣味も仕事という公私混同型。社会人1年目から、趣味にできる部分が見つからない仕事は、そもそもやらないというスタンスだったんです」(いちるさん)
 
──その後、ニフティからシックス・アパートに転職して、「ギズモード・ジャパン」の立ち上げに携わり、編集長として活躍されたとのことですが、ニフティ時代と比べて働き方は変わりましたか?
 
「ニフティは何だかんだいっても管理システムがしっかりしていて、ある種、窮屈に感じられる働き方だったので、自分にあまり合わない部分もありました。それが転職後は19時まではニフティの仕事をして、19時以降は「ギズモード・ジャパン」の立ち上げ並びに編集長として、自分が好きなことを好きなだけできるようになって、自分のリズムに合わせて仕事できるようになったんです」(いちるさん)
 
──とはいえ、ニフティでの仕事とギズモードの仕事の二足のわらじで行うのは大変だったと思います。最も多忙だったときはどのような状況だったのでしょうか?
 
「PHSを3つ同時に使って仕事相手と会話することがありました。頭の中で『どうやって一言でこの3つの相手に返事するか』みたいなことを考えるのは楽しかったですが(笑)、実際はかなり大変でした。最終的に3つの電話をヘアバンドで頭に巻いて、空いた両手でメールの返事を打つっていう荒技で、なんとか乗り切ったほどですから」(いちるさん)
 
まさに超がつくほどのワーカホリック! そんな20〜30代を過ごしたいちるさんですが、あることをきっかけに働き方が変わったといいます。

先進的な勤務形態「SAWS」で、子育てと仕事の両立を実現

──お子様が生まれてからライフスタイルに変化があったそうですが、どのように変わったのでしょうか?
 
「朝起きる時間が一定になり、仕事だけでなく育児・家事の時間ができました。大切にしているのは、『いかに妻を楽しませ、楽をさせてあげるか』という気持ち。妻の気分がよいと家全体が居心地よくなりますから(笑)。育児・家事の量と息抜きの量などがイーブンになるようなライフスタイルが理想です。それができるのも、シックス・アパートが『SAWS』という超ウルトラ級に先進的な職場環境を整えているからなんです」(いちるさん)
 
──「SAWS」というのは…?
 
「Six Apart Working Style(シックス・アパート ワークスタイル)の略です。シックス・アパートは、オフィスに社員人数分のデスクがなく、個々が自由な時間、自由な場所で仕事を進めていいんです。つまり、『ちゃんと仕事して成果を出そうと頑張っていると信じているから、君がいつどこにいようと気にしないよ』という体制で、必ずしもオフィスにいる必要はなく、自宅やカフェなどどこで仕事をしてもよいシステムなんです。このシステムのすばらしいところは、眠くなったら眠れるところ(笑)。自宅で仕事ができるので、これまでのようにデスクに突っ伏して寝るんじゃなく、仕事の合間でも床に寝転がれるのがいいんですよね」(いちるさん)
 
──なるほど。では、いちるさんは現在、どこでどのように仕事をされているのでしょうか?
 
「朝7時に起きて8時には仕事をスタート。15時くらいには仕事を中断して育児・家事を。22時からは再び仕事を始めるか、ネットやゲームなどで余暇を楽しみながら過ごして、23時から深夜1時までにベッドに入るというスケジュールです。自宅には自分の部屋がないので、仕事をするときは自宅だけでなくノマドスペース、カフェ、大学の食堂や図書館などを使うこともありますね。『SAWS』は始まったばかりで、自分も家族もどうすればお互い快適に過ごせるか、まだ模索中なんです。だからいま、僕に机と椅子を貸してくれる会社を絶賛募集中(笑)」(いちるさん)
 
──自由すぎるとだらけてしまったり、集中できなかったりすることはありませんか? 仕事のオン・オフの切り替えはどのようにしていらっしゃるのでしょうか?
 
「『やるぞ!』とパソコンの前で深く息を吸って、一気に吐くと同時に仕事にパッと入るようにしてますね。僕はどちらかというと時間があればあるだけ長く集中してしまうタイプなので、あえて1時間ごとにタイマーをかけて休憩をとっています。ほんの1分のびをしたり、身体をほぐしたりするだけで仕事モードから意識が切り替わって、疲れが抜けた気分になります。あと、本格的に疲れて休みたくなったら、ごろんと寝転がって背中の筋肉を休ませます。足にたまった血の巡りもよくなって、その後のパフォーマンスもグッと変わるんです」(いちるさん)
 
自由な時間の使い方ができるからこそ、仕事と休息のメリハリをつけることを大切にし、しっかりと自己管理をしているといういちるさん。そんないちるさんにはひとつ、睡眠に関して大きなお悩みがあったのだとか。

夜になかなか寝付けない清田いちるが実践する、5つの入眠儀式

──いちるさんは睡眠に関して悩みがあるとお聞きしましたが…。
 
「昔から寝付きがすごく悪いんです。ウトウトする状態がずっと続いて、なかなか眠りに入れない。いわゆる『入眠困難』のような状態ですね。しかも、ウトウトはするので起きて何かしようという気にならず、ベッドの中で悶々とするしかない。子どものころはもっと症状がひどくて、ちょっとした光や音でも入眠に失敗するし、喘息やアトピーの症状のせいで眠れなくなることもしょっちゅうでした。友達と大部屋で寝る修学旅行のときなんて、最後まで起きているのは必ず僕なんです。いつも『このまま朝まで眠れないんじゃないか』『明日ちゃんと学校に行けるのか』という不安と戦っていましたね」(いちるさん)
 
──眠れるようになるために、これまで何か試してきたことなどはありますか?
 
「昔は睡眠に対するノウハウもほとんどない時代で、頼れるものがありませんでした。いまでこそ、呼吸法やマインドフルネスなど、さまざまな入眠方法が提言されていますが、当時はそれもオカルト扱いでしたし(笑)。しかも、大人になってからはもっぱら夜に活動する仕事や趣味に没頭していたので、なおさら夜型になってしまいました。でも、夜更かしするからといって睡眠時間が短くて平気ってわけじゃありません。眠らないと頭が働かないし、歳をとると徹夜なんて絶対できない。だから、昼は仕事中でも眠気が襲ってきたら短い時間だけ寝るようにしています」(いちるさん)
 
また、「眠りに入るには交感神経と副交感神経を切り替える必要がありますが、僕はその切り替えが苦手な体質。スムーズに眠りたいときには前もって準備するようにしています」といちるさん。スムーズに眠るため、呼吸法やマインドフルネス、ヨガなどさまざまな方法を試してきたいちるさんに、就寝前に実践している快眠法を5つ教えていただきました。

<いちるさんおすすめの快眠法>

就寝2時間半前に、ゆっくりとぬるいお風呂に入る身体をゆるめるために、いちる流のゆっくりとした柔軟体操(ヨガや太極拳的な動きも組み合わせたもの)をする目を閉じてゆっくり深呼吸(吸いながら7数え、吐きながら11数える)し、マインドフルネス(あるがままの現実を受け入れる瞑想)を行う口を大きく開けて、わざとあくびを出す布団に入って、ヨガの『死者のポーズ』をする(仰向けに寝て右腕、左腕、右足、左足、身体、頭、それぞれが石のように重くなって動かなくなっていくのをイメージする)

 

「眠る前に目のまわりのコリをとったり、ハンドクリームで手をマッサージしてその香りをかいだりするのもいいですね。あとは、夕食の後はPCやスマホなどの明るい画面は見ない、続きが気になってしまうような本は読まない、最低でも週2回は運動する、日が暮れてからの糖分や炭水化物の摂取は控えることも心がけています。それでもどうしても眠れないときは、睡眠薬を飲むことにしていますね。以前は薬を飲み出すとそれに依存してしまうんじゃないかと怖かったんですが、医師である友人に『眠るために無理するよりも、ときには薬を飲む方がよっぽど身体にいい』というアドバイスをもらい、気が楽になりました」(いちるさん)

いちるさんは書籍などを参考にして、自分の身体に合うよう独自に疲労解消法を調整・実践しています 〔榮のやや上を両指でゆっくり押してほぐし、骨のカーブに沿って目じりの方まで押す場所をずらす。¬椶硫爾眛瑛佑砲罎辰り内側から外側へ押していく。4蕕料阿忙悗1本上げ、目の前に近づけたり離したりを何度か繰り返す。ぜ,法∋訐を左→右→上→下の順に動かす。

長らく不眠症に悩んできたいちるさんいわく、快適な睡眠を得る近道は「規則正しい生活」とのこと。がむしゃらに突っ走るのを止め、身体のことも心のことも考えるようになった40代のいま、いちるさんが思うこととは?

40代は“中年の危機”!? 年齢を重ねて、いろいろな面で睡眠の大切さを痛感

──現在、平日の睡眠時間は昼寝を含め約8時間とのことですが、以前と比べて肉体的、精神的に変化したところはありますか?
 
「年齢とともに体力が落ちてきたので、それとともに睡眠や心と身体のメンテナンスに気をつかわなければいけなくなったことですね。若いときのようにいつまでもハイテンション、ワーカホリックではいられない。いままでは体力でカバーできていたものができなくなるので、イライラしたりまわりに迷惑をかけたりすることがないように、ちゃんと眠るようになりました。ただ同時に、僕自身は元気がなくなったという寂しい感覚もあるんですけどね…」(いちるさん)
 
──20〜30代のときに比べて体力やエネルギーがガクッと落ちるのは、40代に入ると多くの人が感じることですよね。
 
「『ピークが過ぎたんじゃないか』『若い人に追い抜かれていくんじゃないか』という不安も感じてはいますが、そんなミッドライフ・クライシス(中年の危機)を受け入れていくのが40代に課せられた運命だと思っています。それに、結果的にこれはよいことでもあると思うんです。若いときはどんどんアイディアがわいてくるし、バリバリ作業も進むし、自分では『すごい! オレ、やれてる!』と感じている一方、周囲の人を振り回していたり、ともすれば攻撃的だと受け止められていたりした部分があったと思うんです。あのときのまま突っ走っていたら、いまごろいろんな人から反撃をくらっていたかもしれない(笑)」(いちるさん)
 
──一方で、40代になったからこそ、できるようになったことはありますか?
 
「怒っても怒りをそのまま表に出さないなど、我慢するんじゃなくて感情をコントロールできるようになってきたと思います。でも、その点について僕はまだまだ初心者。いま、担当している『ShortNote』というエッセイ投稿サービスには、いろんな人がリアルな場では言えない病気や家族の悩みなどを書いているんですが、それを読んだら、僕はまだ大きな感情の起伏をコントロールしなければならないような大変な状況には直面していないなと思うんです」(いちるさん)
 
──「ShortNote」には「ソーシャル疲れ」をした、SNSでは書けない本音を書きたいユーザーもたくさん訪れているそうですね?
 
「テキスト版YouTubeといったイメージで始めたのですが、できるだけ多くの人に読んで欲しくて書かれたものだけではなく、本音を吐けず、内に溜め込んで苦しんでいる人が、いわゆる『王様の耳はロバの耳』のようなトピックを書くことも多いですね。エッセイを読んだ人はハートをタップして共感を表し、『励ましのお便り』という形でポジティブなコメントだけを送れるようになっています」(いちるさん)
 
──そんなふうに次々と新たなコンテンツをプロデュースするいちるさんの発想は、どこから生まれてくるのでしょうか? 
 
「普段から日常の中で感じたことを頭の中で言語化するようにしているんです。目に入った物事や自分が感じたことにもいちいちツッコミや疑問や感想を入れていくと、自分の中の引き出しにしやすいですよ。例えばいま、目に入っているものだと…『カフェ風の空間になんで和風ののれんが掛けてあるのかな?』とか、『あのひじ掛けのあるソファは素敵だな』とか。ITとは全然関係ないものも言語化して抽象化しておいて、それをITに置き換えることによって新しい発想が生まれることもあるんです」(いちるさん)
 
──なるほど。日常生活の中でいろんなことにアンテナを張っておくことが大切なんですね。ちなみに、SNSの次に流行るものは何だとお考えですか? これから新たに企画したいと考えているサービスやコンテンツはありますか?
 
「そもそもSNSが流行モノだとは思っていません。生活に溶け込み、私たちの一部となっているのではないでしょうか。この先、長期的にはVR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)といった仮想世界へのアプローチ、短期的にはダンスやけん玉、プログラミングやお絵かきなどの「習得モノ」がすごく流行ると思います。あと、妻から教えてもらって興味を持ったのですが、今後注目が一気に高まっていくのは『ティンカリング(テクノロジーとアートの要素が入った自由工作)』でしょうね。いまは面白いものを作ったら、ネットを通じて世界中の人に見せることができる時代。そこから新たな価値やコンテンツの可能性が広がっていくんじゃないかな」(いちるさん)

現在もインターネットの趨勢(すうせい)を観測しながら日々旬の情報を発信するとともに、新たなWebサービスを企画・プロデュースするいちるさん。その“面白いコンテンツ”を生む原動力は、体内リズムに逆らわず眠くなったら眠るという自由奔放なスタイルだったよう。
取材当日は「昨晩つい面白い本を読んでしまったので睡眠不足」だったといういちるさんですが、ときにはご法度を破ることもよしとして、眠ろうと頑張りすぎないことがストレスをためないコツなのかもしれません。眠れないと悩むみなさんも、ぜひ参考にしてみましょう。

【眠りの黄金法則】

吸いながら7数え、吐きながら11数える深呼吸でリラックス「死者のポーズ」で身体が石のように重くなるイメージをするどうしても眠れないときは薬に頼ってもOK

【ウィークデーの平均睡眠時間】

昼寝を含め約8時間

【睡眠タイプ】

リラックスタイムに眠気を呼び起こし、昼でも眠くなったら眠る、体内リズムに正直なタイプ
清田いちるさんのフミナー度は『30%』、いま一歩よい眠りがとれていないようです。

 

清田いちるさん新卒でニフティ株式会社に入社、「ココログ」「ドーナッツ!」などのサービスを立ち上げる。ニフティ退職後はシックス・アパート株式会社に入社、同時にギズモード・ジャパンを立ち上げ、初代編集長を務める。
現在、シックス・アパート株式会社 新規事業担当シニア・ディレクター、ギズモード・ジャパン長老。
ツイッターアカウント:@kotoripiyopiyo