付き合って2ヶ月が重要!? カップルが気をつけるべきこと

写真拡大

カップルにとって、付き合って3ヶ月目はひとつの節目であると言われていますよね。その直前である2ヶ月目とは、どんな時期に当たるのでしょうか。3ヶ月目で別れたりすることのないように、2ヶ月目でやっておいたほうがいいことや、やらないほうがいいことなどについて調査しました。また、付き合って2ヶ月で同棲や結婚をすることについても、詳しくご紹介します。

■付き合って2ヶ月ってどんな時期?


カップルにとって、付き合って2ヶ月目とはどんな時期なのでしょうか。男女のみなさんに聞いてみました。(※1)

◇ラブラブな時期

・「とても楽しくて、ラブラブな時期」(27歳女性/商社・卸/販売職・サービス系)

・「一番楽しくて盛り上がってワクワクする時期」(36歳男性/建設・土木/技術職)

まだ付き合いたてのドキドキ感が続いていて、ラブラブな時期だという意見。相手のことも理解できてきて、より好きな気持ちが増してくる時期かもしれませんね。

◇マンネリ化が始まる時期

・「ラブラブな時期からマンネリする時期に入りやすいと思います」(32歳女性/その他/販売職・サービス系)

・「ちょうど相手がわかってきてマンネリ化する」(38歳男性/電機/その他)

一方、カップルによっては、早くもマンネリ化が始まることもようです。相手の行動パターンなどが読めるようになり、新鮮さが薄くなってくるのかもしれませんね。

◇ケンカしそうな時期

・「2ヶ月はまだまだ楽しい時期だけど、お互いのカッコつけてた部分が緩んでくるので、うっかり相手のプライドを傷つける言い方を冗談で言って、ケンカなどになったりする」(36歳女性/その他/販売職・サービス系)

・「多少なりとも、ケンカなどもする時期になると思うから、付き合い始めの気持ちを忘れない」(39歳男性/運輸・倉庫/その他)

お互いに気を許し始めてくる頃だからこそ、ちょっとしたケンカも起こりそうです。ただし、理解を深めるためには通らなければいけない道だと言えそうです。

◇冷静になってくる時期

・「お互いに気持ちも許し始めて相手の嫌な所や『こんなはずじゃ……』のように第一次倦怠期が来る」(34歳女性/その他/その他)

・「少し理解し合えた程度のまだまだわからない時期。見極めしだす時期」(29歳男性/人材派遣・人材紹介/営業職)

付き合って1ヶ月くらいはお互いにテンションが高く、相手の嫌なところが気にならないかもしれませんが、2ヶ月目は少し冷静になる頃ではないでしょうか。そろそろ相手の嫌なところも目につき始めるかもしれませんね。それでは、そんな2ヶ月目をどうやって過ごせばいいのか見て行きましょう。

■2ヶ月目の過ごし方


よく、付き合って3ヶ月目は別れやすい時期だと言われますが、3ヶ月で別れないために、2ヶ月目にしておいた方がいいことはあるのでしょうか。また、逆にしない方がいいことは何なのか、男女のみなさんに聞いてみました。(※1)

◇2ヶ月目にしておいた方がいいこと

☆マンネリを防止する

・「新鮮さがなくならないようにデートの仕方を変えたりする}(35歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「新しい事をしてみる。二人で旅のプランを考えたりするのもいいかも」(37歳男性/その他/販売職・サービス系)

お互いの好みも何となくわかり始めるので、無難にまとめるような「パターン化」したデートになってくる時期でもあります。そこで、いつもと違うデートプランを立てたり、旅行の計画を立てたりして、マンネリ化を予防することも大切です。

☆本音で話し合う

・「お互いに許せる範囲と許せない範囲について話をしておくこと」(31歳女性/その他/事務系専門職)

・「お互いが何を大切にしているのかを共有し合うこと」(26歳男性/建設・土木/事務系専門職)

相手に嫌われたくないからといって、無理していると疲れてしまいます。2ヶ月目に入ったら、本音で話し合う機会を作ってみるのもいいかもしれませんね。

☆自然体で過ごす

・「無理して相手に合わせてばかりいないで、普段の自分を出す」(34歳女性/その他/その他)

・「相手との距離を縮めるために遠慮せず思った事は伝える」(38歳男性/電機/その他)

2ヶ月目になると、緊張が解けてきて少しずつ素の自分を出せるようになりますよね。最初は少し見栄を張っていたり、無理していた部分があれば、自然体の自分を好きになってもらえるように、肩の力を抜いてみてもいいかもしれません。

◇2ヶ月目にしないほうがいいこと

☆束縛をしない

・「あまりにひどい束縛や干渉し過ぎないようにする」(31歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「相手を束縛したりして自由を奪うこと」(30歳男性/学校・教育関連/専門職)

好きな気持ちが強い分、わがままになってしまうこともあるでしょう。もっと一緒にいたいからといって、相手の自由を奪っていませんか? これは注意したいですね。

☆馴れ合いにならない

・「馴れ合いの関係にならないこと。身なりはキチンとする」(29歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「あまりにも馴れ馴れしく、思いやりの持てない言動をすること」(28歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

「親しき仲にも礼儀あり」です。仲が深まるにつれてだんだんと忘れてしまいそうなので、これも注意するようにしましょう。

☆結婚を考える

・「結婚とか先のことを話しすぎない」(36歳女性/その他/その他)

・「結婚のことなどを言い過ぎないこと」(25歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

最初から結婚を意識して付き合い始めたカップルの場合はいいと思いますが、友だちから始まったカップルは、まだ結婚の話を持ち出すには、早いかもしれませんね。では、これらのことに気をつけていても、2ヶ月で別れてしまうカップルの特徴について見ていきましょう。

■2ヶ月で別れるカップルの特徴と復縁方法


付き合ってたった2ヶ月で別れてしまうカップルには、どんな特徴や理由があるのでしょうか。また、2ヶ月で別れてしまったカップルが復縁したいときはどうすればいいのでしょうか。男女のみなさんに聞いてみました。(※1)

◇2ヶ月で別れるカップルの特徴

☆性格の不一致

・「性格の不一致。認められないほどの不一致」(37歳女性/その他/その他)

・「本人たちの気が合わなかった、生活スタイルが違う場合」(27歳男性/医療・福祉/専門職)

付き合ってみないとわからないことかもしれませんが、考えていたよりもずっと相性が悪かった場合は、仕方のないことですね。

☆ノリで付き合った

・「軽いノリで、性格もあまりわからないまま付き合ってしまった」(31歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「お互いをよく知らず、ノリと勢いだけで成立したカップル」(27歳男性/電機/営業職)

この回答は、男女ともに多くありました。その場の勢いや雰囲気に流されて、あまり考えずに付き合い始めてしまったのではないかという意見です。もちろん、何となく付き合って順調に進んでいくカップルもいますから、難しいところです。

☆相手に求めすぎた

・「理想が高すぎる。相手に多くを求めすぎる」(38歳女性/その他/その他)

・「相手に多くを求めすぎだと思います」(39歳男性/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

お互いに慣れてきた時期だからかもしれませんが、相手にいろいろな要求をしすぎることはNGでしょう。自分の理想のパートナーになってほしい気持ちは理解できますが、相手に求めた分、自分も相手に合わせる必要があります。

☆束縛しすぎた

・「束縛しすぎるから。プライバシーを尊重しないから」(36歳女性/医療・福祉/専門職)

・「束縛、好きすぎるからいいのかもしれないが重いと感じられる」(31歳男性/医療・福祉/販売職・サービス系)

愛情表現として、少しの嫉妬や束縛は愛を感じることができてちょっとうれしかったりもしますが、限度があります。束縛をしすぎてしまうと、息が詰まってしまいますよね。それでは、付き合って2ヶ月で別れてしまったカップルが復縁するには、どうすればいいのでしょうか。復縁方法についても見てみましょう。

◇2ヶ月で別れたカップルの復縁方法

☆自分を見直す

・「自分のことを見直して改善すること」(33歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「取りあえず、相手に対して誠実に振る舞うこと。2ヶ月だと、相手のことをよく知らないまま別れたかもしれないので、そこで見直してくれるかもしれないから」(28歳男性/商社・卸/営業職)

まずは冷静になって、自分の何がいけなかったのか、それは改善できることなのかを考えてみるといいようです。明らかに自分に原因があり、それが相手を傷つけていたのなら、そこは素直に謝ってもう一度やり直せるかを相談してみましょう。

☆原因を改善する

・「なぜ別れたか原因を考え、改善に努めるべき」(23歳女性/生保・損保/販売職・サービス系)

・「別れた理由を考え、その考えた理由がこたえです」(39歳男性/建設・土木/技術職)

復縁するにしろ、次へのステップへ進むにしろ、別れた原因を考えてみることは大切なことです。必ずしも自分だけに原因があるわけではないと思いますが、相手に責任を押し付けずに、自分の行動も振り返ってみましょう。

☆一度距離を置く

・「距離を取り、いったんしっかり離れる。お互い違う人と付き合ってみるのもいいかも。ダラダラと下手に友だち関係を保とうとしない事」(33歳女性/医療・福祉/専門職)

・「しばらく距離を置いて落ち着いてみる」(36歳男性/建設・土木/技術職)

別れた経緯にもよりますが、別れた直後はお互い興奮状態だと思われます。ちょっと距離を置いて、冷静に考えてみましょう。少し離れたところから振り返ってみることで、もう一度戻りたいと思うかもしれないし、過去の思い出だと思うかもしれません。

■2ヶ月で同棲するときの注意点


恋人との関係が順調に進むと、同棲を考え始める人もいるかもしれません。2ヶ月で同棲したいと思ったときの注意点について、既婚女性のみなさんに聞いてみました。(※2)

☆相手が信頼できるか見極める

・「相手の本性を見抜くように注意する」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「相手が信用できる人かどうか。難しいと思いますが」(33歳/不動産/秘書・アシスタント職)

同棲した場合、どちらかといえば女性のほうがリスクが高いと言えるでしょう。まだ2ヶ月では、テンションが上がっていて冷静に相手のことを見られていない可能性もあります。友人に意見を求めてもいいかもしれませんね。

☆金銭面のこと

・「お金の管理やどうするかは最初に決めたほうがよい」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「家賃、光熱費などはどうするか。ラブラブなうちでも、金銭的なことははじめから決めておいたほうが後々もめなくていいから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

一緒に生活するとなると、キレイ事ばかり言ってはいられません。家賃、光熱費、食費など、毎日の生活費はどうするのかを最初にきちんと決めておくべきでしょう。お金の話は難しいですが、ここをあいまいにしてしまうと、後からもめる原因になりそうです。

☆ルールを決める

・「ルールを決めて、それを守るようにする」(34歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「これだけはというルールを作っておくといいかなと思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

最低限の生活ルールも必要でしょう。前述したお金や家事の分担は決めておくべきです。家事はどうしても女性の負担になりがち。それで納得できるのならいいですが、気がついたら家政婦のようになっていたなんていう話もありますので、気をつけてくださいね。

☆目的を決める

・「何のために同棲するのかをハッキリさせること。また、お互いの両親の家にあいさつに行っておくこと。結婚を考えている場合はこれだけでも現実味が増す」(30歳/商社・卸/営業職)

・「結婚を前提に同棲したほうがいいと思う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚を考えての同棲と、何となくノリでの同棲とでは、意味がまったく違います。付き合って2ヶ月のラブラブの状態で、一時も離れていたくないからという理由で同棲するのは、立ち止まって考えてみたほうがいいかもしれませんね。

☆やめたほうがいい

・「2ヶ月で同棲なんて考えられない。何のために? とかお金のこととか、役割分担とか期限を決めたほうがいいと思う」(32歳/その他/その他)

・「2ヶ月は早すぎかなと思う。都合のいい女で終わらせないように、互いの親にあいさつくらいはしておいたほうがいいかも」(25歳/食品・飲料/専門職)

慎重な意見もたくさんありました。お互いの性格にもよりますが、少なくても結婚する意志があるか、ないかだけは確かめておきたいですね。

■2ヶ月で結婚するときの注意点


同棲の際の注意点について見てきましたが、カップルの中には、結婚を意識し始める人もいるでしょう。今度は2ヶ月で結婚するときの注意点について、既婚女性のみなさんにアドバイスしていただきました。(※2)

☆覚悟を決める

・「本当に信頼して添い遂げられる人なのかじっくり見極める、自分の覚悟をもつ」(31歳/ソフトウェア/その他)

・「悪い面が見えてもそれを含んで一緒になるという覚悟を持つこと」(34歳/金融・証券/営業職)

まだ知らないところがたくさんあるにも関わらず、どうしても結婚したいのならば、きっとこれから出てくるであろう彼の悪いとことも、受け入れるという覚悟が必要でしょう。

☆経済状態

・「生活していくにはお金が大事だと思うので、相手の仕事や経済力はきちんとチェックしておきたい」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「相手の収入や価値観を聞いておくこと」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

いきなり専業主婦にはならなくても、いずれ妊娠、出産、子育てをすれば、女性のお給料は変動的になります。現実的に、彼と自分の給料で生活していけるのか、将来に向けて貯金ができるのかについて、話し合っておきたいですね。

☆相手の身元を確認する

・「バツイチじゃないか調べておくこと。結婚直前まで隠していた男にあったことがあるから。そいつは子どもまでいた!」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「相手のことや相手の家族のことをしっかり把握する。あと、DVや借金のことも」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚となれば、家と家の付き合いも生まれます。相手の家族のことは知っておきたいですよね。パートナーがどんな環境に育ってきたのかを知るには、相手の家族と会うのが一番。付き合いが短いからこそ、しっかり相手を知ろうとすることが大切です。

☆結婚は早い

・「それも早すぎると思う。本当に彼でいいのかちゃんと考えたほうがいいと思うし、友だちに彼を会わせて意見を聞くべきだと思う」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いきおいで結婚しようとしていないか確認」(24歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

付き合って2ヶ月では、結婚は早過ぎるという慎重な意見もありました。よく結婚には勢いが必要という話も聞きますが、必ずしもうまくいくとは限らないので、一度落ち着いて冷静に考えることが必要です。

■まとめ

付き合って2ヶ月という時期は、まだフレッシュさが残っている一方で、お互いのさまざまな部分が見え始める時期でもあります。この時期に、お互いが自然体かつ本音で話せるようになり、過度な束縛などをせずに良好な関係を築ければ、3ヶ月目を幸せな気持ちで迎えることができそうです。また、中には同棲や結婚を考え始めるカップルもいるかもしれませんが、一度立ち止まって冷静になり、この先の人生をどう過ごしていくかを考えることも大切ですよ。

(フォルサ/岩崎弘美)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年4月7日〜10日
調査人数:411人(22歳〜39歳男女)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年4月7日〜12日
調査人数:85人(22歳〜35歳の既婚女性)