上り調子の松森彩夏、妹・杏佳との最終日最終組も期待(撮影:上山敬太)

写真拡大

<サイバーエージェントレディス 事前情報◇27日◇グランフィールズ カントリークラブ(6,501ヤード・パー72)>
先週の「フジサンケイレディスクラシック」で今季最高位の3位タイに入った松森彩夏。昨日のプロアマ戦と今日、ハーフラウンドで計27ホールを回り、精力的に汗を流した。調子が上がってきているとはいえ、「先週とはコースが違うので、イメージを変えるのが大変」と話す。
姉妹での2ショットも!オフショット満載の松森彩夏フォトギャラリー
特に気をつけたいのはセカンドの落としどころ。「2段グリーンが多いので、セカンドから意識してしっかりプレーしたい」。
松森は今季7試合に出場し、開幕戦から徐々に順位を伸ばしている。2戦目の「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」では予選落ちしているが、6戦目の「KKT杯バンテリンレディスオープン」で12位タイに入り、翌週のフジサンケイレディスで3位タイとぐいぐい調子を上げている。
「スタートダッシュができなくて、不安もありましたが、徐々に調子が上がり、落ち着いてゴルフのことを考えるようになりました」。
先週は妹・杏佳と共に、史上初の姉妹でトップ3フィニッシュを決めたことも話題になったが、「注目されて盛り上がると私もうれしい。ギャラリーの方々がたくさん見にきてくれたら力になる」と、今週も杏佳とツアーを盛り上げると誓っていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

やっぱり仲良し!松森彩夏・杏佳は史上初“姉妹同時”トップ3フィニッシュ
スイングが「神ってる」 松森杏佳は同組レジェンドから刺激
【ピックアップ女子プロフォト #8】松森彩夏の成長
“セクシー・クイーン”が日本デビュー アン・シネがメジャー初戦に出場決定
人気女子プロのエピソードを丸裸“注目プロ名鑑”はこちら