近年の広島の躍進には、森和は不可欠な存在だった。今季は開幕から欠場が続いていたが……。写真:中野香代(紫熊倶楽部)

写真拡大 (全3枚)

 無残な前半の4失点は、すべて広島のミスから生まれたもの。4月26日に行なわれたルヴァンカップ・神戸戦を総括すると、そういうことになるのだろう。

 
 だが、よく考えてみれば、サッカーとは得てしてそういうものだ。足で蹴るという極めて不安定な技術を擁し、やはり不安定な球体を操るのだから。当然、そこにはミスが起きやすい。そのミスにつけ込み、しっかりと点をとっていく。それがサッカーの本質のひとつと言えるかもしれない。
 
 そう考えれば、「ミスをしない」というプロとしては当然だと思われていることが、まったく「当然ではない」ということに気づくだろう。データスタジアムの調べによれば昨年、森崎和幸が記録したパス本数が2008本でその成功率は95.1%。昨年、シーズン途中からベンチに座ることが多かったためパス本数は例年よりもかなり少ないが、それでもこの数字である。ちなみに、パス本数ナンバーワンは中村憲剛(川崎)で3033本・成功率86.3%。パス本数ベスト10内で成功率90%超えを果たしているのは千葉和彦(93.7%)、阿部勇樹(90.7%)、エドワルド・ネット(90.2%)の3人だけで、いずれも95%台には届かない。森崎和は2015年にも成功率93.4%を記録。パス本数も2814本でリーグ3位に入り、パス本数トップ5の中で唯一の成功率90%台を成し遂げた選手となった。
 
 つまり、彼はほぼ、ミスをしない。パス本数が多いということは、それだけプレー機会が多いということにつながり、ボールを受けられる位置にいるということ。そして成功率が高いということは、周囲の状況が正しく見えていてインターセプトの危険性を回避し、受け手もミスをしないような質のボールを正確に供給できている証明である。「安全なとこにパスを出しているだけだから」と本人は笑っていたが、それが事実であっても「95%」という数字は簡単に成し遂げられるものではないだろう。
 
 広島のポゼッションサッカーは、森崎和幸という「95%の男」が存在することで、成立していた。相手にプレスを仕掛けられても、彼にボールを預ければ打開できる。周りはそう信じるから8番を探し、パスを出すのだ。
 相手も分かっているから圧力をかけようとするが、森崎和はそのプレスを逆手にとり、ボールを徹底して動かしては自分も微妙にポイントをずらしてまたもパスを受け、時には三次元の空間を使って相手の頭越しのボールを使い、正確極まりないポイントに落として打開する。
 
 背筋が伸び、足もとを見ない。それでもボールを動かす技術に自信があるから、相手は次のパスコースも読めない。広島が誇るボランチのプレーを蝶番(ちょうつがい)として、青山敏弘も千葉和彦も高萩洋次郎(現FC東京)や佐藤寿人(現名古屋)も輝いた。広島の3度の優勝は、森崎和幸が体調を維持し、フルに活躍できたからこそ、成し遂げられたものだ。
 
 そのプレーがあまりに自然で、あまりに何気ないから、周囲は8番の凄さに気がつかない。ベストイレブンにも選出された経験もなく、日本代表にも選ばれていない。しかし、「カズさんの凄さは、一緒にやってみないと分からない」。塩谷司(広島)がよく言う言葉であり、柏木陽介(浦和)も「あんなに上手い人は、昔も今も見たことがない」と語るように、彼の存在は、チームの勝利において極めて重要なのである。
 
 昨年、森崎和が出場したのは24試合(うち途中出場1試合)で平均勝点は1.70。出なかった試合が10試合で平均勝点は1.40。特に浅野拓磨がシュツットガルトに移籍し、ピーター・ウタカ(現FC東京)が疲労もあって得点を量産できなくなったセカンドステージでは顕著で、8番出場時で1.55、不出場時で1.20と明白な数字が出ている。