画像

写真拡大 (全2枚)

 サイバーエージェントの行動分析ターゲティングツール「AIR TRACK」とパナソニックの位置情報ソリューション「HD Beacon」が連携を開始。これにより、ユーザーの来店を3m以内の高精度で検知でき、広告効果の測定や売り場ごとの評価ができる。

 サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、位置情報を活用した行動分析ターゲティングツール「AIR TRACK」において、パナソニックが開発・商品化した高精度屋内外位置情報ソリューション「HD Beacon」との連携を開始した。これにより、ユーザーの来店を3m以内の高精度で検知することが可能となった。

 これまで、GPSやWi-fiのみの位置計測では誤差が大きく、来店計測に活用するとユーザーが実際には来店していない場合でも来店として計測してしまうなどの課題があった。それが今回「HD Beacon」の機能を付加することにより、その課題を最小限に抑えることが可能となる。

 今回の機能を活用することでサイバーエージェントは、オフラインのユーザー行動を正確に可視化し、広告主のO2Oマーケティングの向上させる狙いだ。

 また、ユーザーの来店計測以外にも、「HDBeacon」の高精度な位置情報に基づく店舗内の売り場別の移動状況や滞在時間などの計測結果から、買物行動の分析が可能となる。これにより、売り場ごとの評価や、商品ごとのマーケティング施策など踏み込んだ分析に貢献できる。加えて、売り場別のプッシュ通知機能を併用すれば、よりきめ細かな広告や販促サービスの展開も可能となる。

MarkeZine編集部[著]