中国女子大生の性実態

写真拡大

 日本以上の学歴社会の中国にあって、北京大学は最高峰に位置する。そんな受験戦争を勝ち抜いてきた女子大生たちに、ジャーナリストの西谷格氏が性体験を直撃した。

 * * *
 ぱっちりとした二重にスラリとしたスタイルの小顔美人。北京大学大学院で心理学を研究する23歳の彼女に初体験の思い出を聞くと、こう明かしてくれた。

「大学2年生のときにできた彼氏と一緒に香港に旅行に行って、宿泊先のホテルで経験しました。肉体的には痛くて辛かったけど、好きな人と一つになれて、嬉しかった。旅行に行くということは、同じベッドで寝るんだろうなと心の準備もしていました」

 付き合いはじめてから1か月後の秋の日の出来事だったという。

 ニューロン(神経細胞)の研究をしているという22歳の院生は昨年、21歳のときに初体験を済ませた。

「高校時代のクラスメイトだったんですが、彼は大連の大学に進学したので大連まで会いに行ったんです。現地で一緒にホテルに泊まり、そこで初体験しました」

 彼は今はドイツに留学しているため、会えるのは年に1回。それでもチャットアプリで頻繁に連絡を取り合い、将来は結婚を考えているという。実家の両親にも紹介済みで、「彼が実家に泊まりに来たときは、両親にバレないように床の上でこっそりセックスしました。ベッドの上だとギシギシきしむ音が聞こえてしまうので」と苦笑いした。

 続いて出会った経験者は、社会福祉学について研究している23歳の院生。大学2年の時から付き合う彼氏がいるが、初体験の相手は彼ではなく、大学1年の時に哲学書を読むサークルで知り合った年上の男性だった。

「一緒に食事した後『ホテルに行こう』と言われたんです。迷いはあったけど、セックスがどんなものか興味があったので」

 いずれのケースも日本の一般的な女子大生とそう変わらないように感じるが、実は中国の女子大生にとって、セックスのハードルは日本より遥かに高い。

 政府機関「中国計画生育協会」が2015年に中国全土の大学生約2万人を対象に行った「大学生の性と生殖健康に関する調査報告」によると、女子大生の性交経験者の割合はわずか14.9%で、男子学生の性交経験率28.4%よりもさらに低い数字だった。

 ちなみに日本の女子大生の性交経験者の割合は、1981年の調査では18.5%だったが、2011年では46.8%である(日本性教育協会の調査より)。

 婚前交渉についての意識も厳格で、女子大生の31.3%が「いかなる場合でも婚前交渉はすべきでない」、33.8%が「結婚を決めた相手でないなら、婚前交渉をすべきでない」と回答。かの国の女子大生の約3分の2は、彼氏ができてもセックスはしないのである。

※SAPIO2017年5月号