豊田章男社長は創業者・豊田佐吉のひ孫

写真拡大

 このところ日本企業では創業家の存在が見直され、経営トップの座を創業家に“大政奉還”する企業が目立つ。

“大政奉還”で危機を乗り切った嚆矢がトヨタだ。創業者である豊田佐吉のひ孫、豊田章男氏はリーマンショック後の赤字決算という苦境のなかで社長に就任し(2009年)、1年目にさらに大きな危機に直面した。米国を中心に広がった新型プリウスのリコール問題だ。章男氏は米議会の公聴会に呼び出され、激しいバッシングにさらされたが、トヨタは章男氏の下で結束して立ち向かい、2015年度には過去最高益をあげた。

 そのトヨタは章男氏の代になって「豊田家本家」への純化路線を強めている。

 今年2月には佐吉の出身地、静岡県湖西市で「生誕150年記念式典」が盛大に開かれ、孫の章一郎氏が「困難をものともせず発明に一生を捧げた」と祝辞をのべた。それを皮切りに、3月には豊田市が2代目の喜一郎の功績を讃える「顕彰祭」を開催、4月には愛知県が佐吉の生誕150年を記念して7〜8月に「あいち発明の夏」と銘打った大型イベントを開催すると発表した。具体的には「世界青少年発明工夫展」や「ロボカップ世界大会」などが開かれ、6代目社長の章一郎氏が記念講演を行なう。自動車業界誌のベテラン記者が語る。

「章男氏に大政奉還される前のトヨタは、奥田碩・会長が経営の実権を握り、『豊田家はあくまで旗印』と脱・創業家の空気があった。しかし、社長に就任した章男氏が実績を上げたことで創業家は完全に力を取り戻した。そこで始まったのが佐吉、喜一郎という創業2代の神格化です。

 実は、喜一郎は技術者としての評価は高くても、会社の経営を悪化させたとして経営者としては評価されていなかった。それが、第2弾が今春放映されたTBS系のテレビドラマ『リーダーズ』は喜一郎がいかに日本の自動車産業を生み育てたかという内容になっていた。今のトヨタは、豊田家の神話を再構築しているように見えます」

 豊田家の系譜には佐吉の甥で歴史的な工販合併(※注)を成し遂げ、「トヨタ中興の祖」とも呼ばれる豊田英二・元会長(故人)の流れもある。

【※注/1950年の経営危機以来、分離していた生産部門(トヨタ自動車工業)と販売部門(トヨタ自動車販売)を1982年に合併。英二氏はそれを機に章一郎氏に社長を譲った】

 現在、英二氏の長男・幹司郎氏がトヨタ子会社“御三家”のアイシン精機の会長、次男の鐡郎氏はやはり“御三家”の豊田自動織機会長、三男の周平氏がトヨタ紡織会長を務め、本家の章男社長を支えている。ところが、である。

「4月4日に英二氏の弟で豊田自動織機社長を務めた芳年氏(1月死去)のお別れの会が行なわれた。当然、本家の章一郎名誉会長か章男社長がトヨタを代表して挨拶に立つと思っていたのに、実際に挨拶したのは張富士夫・名誉会長でした」

 本家と分家をはっきり区別するところにも、純化路線の影響があると出席者に受け止められた。

 いま、トヨタはグループあげて創業の精神に立ち返ることが強く説かれている。今年の豊田自動織機の入社式でも大西朗社長が新入社員にこう語りかけた。

「社祖・豊田佐吉の遺訓として創立以来大切にしている考え方をまとめたものが社是『豊田綱領』だ。特に皆さんは、『研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし』を意識してほしい」

 豊田綱領にはこうある。

一、上下一致、至誠業務に服し、産業報国の実を挙ぐべし
一、研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし
一、華美を戒め、質実剛健たるべし
一、温情友愛の精神を発揮し、家庭的美風を作興すべし
一、神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を為すべし

 創業の精神の下に結束する―これが世界のトヨタの「力の秘密」である。

※週刊ポスト2017年5月5・12日号