蔚山現代戦での鹿島サポーター【写真:Getty Images】

写真拡大

 韓国・Kリーグの蔚山現代は、川崎フロンターレのサポーターが旭日旗を掲げた騒動を受けて、26日に行われたACLの鹿島アントラーズで手荷物検査を実施していたようだ。韓国メディア『ジョイニュース24』が報じた。

 25日、川崎FのサポーターがACLの水原三星戦で旭日旗を掲げたことが両国間で騒ぎとなっていたが、同メディアによれば試合開始3時間前から鹿島ファンを対象に手荷物検査を行い、旭日旗の持ち込みを制限したという。

 同メディアは、「蔚山現代は鹿島のアウェイファンによる反スポーツ精神的な行動を徹底的に防いだ」と報道している。

 一方、試合はアウェイの鹿島が4-0で制して決勝トーナメント進出を決め、敗れた蔚山現代はグループステージ敗退が決まった。

 この結果に、「予防はよくできていたが、肝心の試合結果は最悪だった」と伝えている。

text by 編集部