北欧ブランドの新シリーズ、大塚家具にて取り扱い開始!

写真拡大

総合インテリア販売の大塚家具は、北欧メーカー「WENDELBO(ヴェネルボ)社」の新ブランド「WON(ウォン)」シリーズ全13アイテムの取り扱いを大塚家具 有明本社ショールームをはじめ、主要6店舗にて開始する。(※展示店舗は、有明本社、新宿、横浜みなとみらい、名古屋栄、神戸、大阪南港のショールーム)

【写真を見る】ソファやアームチェアの張り地は幅広いバリエーションの中から選べ、さまざまなライフスタイルに合わせて新しい北欧スタイルを楽しめる

2015年に誕生したデンマーク発の新ブランド「WON」。“スカンジナビアンデザイン”、いわゆる北欧デザインの「優美さ」を取り入れながらも、現代の暮らしに順応した家具となるようデザインのセオリーを日々見直すことで、見て美しいと感じられるだけではなく、機能性が高く多様な環境にも馴染むインテリアの数々を世に送り出している。

デンマークのデザインといえば、欠かすことのできない存在のハンス・J・ウェグナーやフィン・ユール。この二人の影響を受けて、デザインスケッチを描きつづけ、若い才能を開花させたWONのパートナーである家具デザイナーたち。彼らが手掛けるのは、これまでの選択基準に収まらない、日々の生活に心地よい変化をもたらすもの、伝統的アプローチに現代的な視点を加えたものだ。WONのコレクションは、モダンで曲線的なフォルムを取り入れながらも、どこか懐かしく感じられるデザインであることが特長。

“北欧家具を全く新しいレベルで再構築すること”、それがWONブランドが考えるあるべき姿。今の時代に生きる人々が求める“新しい家具をつくること”を追求し、妥協せず、高いデザイン性とクオリティを備えながらも、手の届きやすい価格を実現している。

ソファやアームチェアの張り地は幅広いバリエーションの中から選べ、さまざまなライフスタイルに合わせて新しい北欧スタイルを楽しめる。この機会にぜひ、大塚家具でお気に入りの北欧家具をみつけてほしい。【ウォーカープラス編集部/田村玲奈】