普通の人にとって、運動のデータといえば何kmを何分で走るか、何kgのダンベルを持ち上げるかってなもんですが、プロになると話は変わってきます。細かく小さなところまでデータをとり、己のパフォーマンス向上のため日々鍛錬していくわけですが、どうやらこのデータ自体にビジネスチャンスが潜んでいるようです。毎秒100回ものデータ取得を行なう高性能ウェアラブル端末を製造するWhoopが、NFL選手協会と選手のデータに関してなかなか面白い契約を結びました。

契約内容には、各選手のスペシャルデザインWHOOP Strap 2.0(500ドル)をライセンス販売するという非常にありきたりなものも含まれていますが、注目したいのは選手から取得するデータそのものの取り扱い。このプログラムに参加表明した選手は、Whoopを着用して収集されたヘルスデータの権利を保有するというもの。簡単に言うと、選手は自身の運動や睡眠に関するデータを、テレビや研究機関などのデータを欲しがる相手に売ってもいいよという話です。自分の動きで出したデータは自分のもので、ここにマネタイズのビジネスチャンスがあるとNFLは考えました。

NFL選手協会会長のAhmad Nassar氏は今回の契約に関してこうコメントしています。「NFLの選手は、生理学的かつ金融的に価値があるかもしれないデータを日々生産しています。Whoopとの提携は、テクノロジーとタッグを組む最初のステップとなるでしょう」

Whoopは自身をハイエンドフィットネストラッカーと位置付けており、大学スポーツやプロスポーツと協力し、ブランド価値を高める努力をしてきました(一方では、大学スポーツからデータを搾取しているのではという意見もありますけれど)。Whoopにとって今回のNFLとの提携は、地球上で最も体を鍛え上げ最高のパフォーマンスをする人物のデータをとれる大きなチャンス。たとえデータの権利は選手にあろうとも、大チャンスに変わりありません。一般ユーザーに対して24時間365日装着しようといういい宣伝にもなり、より多くのユーザーからより多くのデータをとれれば、嬉しいことこのうえなし。今や、ビッグデータは生物学界の金塊です、油田です、一攫千金の夢です。データのゴールドラッシュが起きる前に、プロ選手をできるだけ手中に収めようって魂胆なのでしょうかね。

では、選手が実際にデータを売った場合、どんな活用方法が考えられるでしょうか。体の動きを研究する機関やスポーツウェア企業がデータを購入するかもしれないことは容易に想像できますが、Bloombergが面白いエンタメ方法を予想しています。それは、NFL試合中継中に、対戦する両チームのスタープレイヤー2人のデータも放送するというもの。「A選手は、今週十分な睡眠がとれていなかったようですね」とか「2人の心拍数を比較してみましょう」なんて解説がはいってくる可能性があるわけで。チームのホームページでは、選手プロフィールページに健康状態が記載されるなんてこともあるでしょう。

…身体のデータとは、なんとも価値があるものですね。だから恐ろしくもあるわけで。NFL選手のデータの取り扱い次第で、今後のスポーツ界がまた変わりそうです。


top image: Evgenii Matrosov / Shutterstock.com
source: BusinessWire, Deadspin, Bloomberg

Rhett Jones - Gizmodo US[原文]
(そうこ)